日本未発売のフルサイズSUV、スバル「アセント」2023年モデルが米国で発表されました。全長5m、3列シートを持つSUV、米国では人気モデルとなっています。

新デザインのLEDヘッドライトなどでアグレッシブな外観

 スバルオブアメリカ(米国スバル)は2022年8月11日、3列シートのSUV「ASCENT(アセント)」の2023年モデルを米国で発表しました。

 アセントは全長4998mm×全幅1930mm×全高1819mm、ホイールベースは2890mmというボディサイズのフルサイズSUVで、2018年から北米で販売されています。

 今回登場した2023年モデルのアセントは、エクステリアを一新。新デザインのLEDヘッドライトや、アグレッシブなフロントバンパーカバーを採用することで新しいフロントフェイスになっています。

 新しいフロントバンパーカバーは、新しい下端のエアダクトを備えており、車両の下の空力の流れを改善します。リアでは、新たに採用されたC字型テールライトが新鮮なデザインとなっています。

 また最新バージョンの「アイサイト・ドライバーアシストテクノロジー」を標準装備。これは広視野化、制御ソフトウエアの更新、電動ブレーキの追加により、よりスムーズな運転操作を実現したほか、アイサイトのステレオカメラと連動する「ワイドアングルモノカメラ」を新たに装備しています。

 インテリアでは、スバル・スターリンクと呼ばれる11.6インチマルチメディアプラスシステムをすべてのグレードで標準装備しています。

 搭載エンジンは2.4リッター水平対向4気筒ターボで、260馬力・227lb-ft(約307Nm)を発生。8速マニュアルモードを備えたリニアトロニックCVTと組み合わされます。また駆動方式はシンメトリカルAWDです。

 車両価格は、8人乗りのアセントが3万3895ドル(約450万円)から、7人乗りアセントツーリングが4万8195ドル(約642万円)までとなっています。