メルセデス・ベンツの乗用車のなかで、ベストセラーとなっているモデルがミドルサイズSUVの「GLC」です。2022年6月、欧州にてフルモデルチェンジをおこない2代目へと進化しましたが、2022年末にも日本に上陸する可能性があります。どんなクルマなのでしょうか。

メルセデス・ベンツの主力SUVがフルモデルチェンジ

 メルセデス・ベンツのベストセラーモデルが「GLC」です。欧州では2022年6月にフルモデルチェンジ、2代目へと進化しましたが、そんな新型GLCは、2022年の年末あたりに日本上陸する見通しです。

 そんな新型GLCとはどんなクルマなのでしょうか。

 初代GLCは2015年に登場したDセグメントSUVで、「Cクラス」と同じプラットフォームを採用した、いわば「CクラスのSUVバージョン」です。

 日本でも2016年2月に発売されました。ガソリン/ディーゼルモデルだけでなく、プラグインハイブリッド(PHEV)、さらに燃料電池PHEVである「GLC F-CELL」など豊富なパワートレインを用意しました。

 初代GLCは世界中で人気のSUVとなり、メルセデス・ベンツの乗用車のなかで2年以上にわたりベストセラーモデルとなっています。

 そんなGLCが欧州でフルモデルチェンジを果たしたのは2022年6月。2代目となった新型GLCのボディサイズは全長4716mm×全幅1890mm×全高1640mm、ホイールベースは2888mm(欧州仕様)となりました。

 全長は先代モデルより60mm長く、4mm全高が低められています。全幅は変わりません。またトレッドは前1627mm、後1640mmと、前6mm、後23mm広げられています。

 荷室容量は、全長が長くなりリアオーバーハングが大きくなったことで、通常時600リッターと、先代比プラス50リッターと大幅に増加しています。

 新型GLCの空気抵抗係数(Cd値)は0.29と、先代の0.31よりも大幅に改善しています。これにより燃費が良くなるだけでなく、風切り音なども抑えられています。さらにフロントガラスにはノイズを抑えるフィルムが標準で採用されているため、さらに遮音性が高められています。

 エクステリアは、筋肉質のホイールアーチとエッジの効いたボディラインで、エレガントさとオフロードの力強さを両立しています。またオプションでAMGラインも用意されます。

 インテリアは、現行メルセデス・ベンツラインナップのデザインを踏襲。12.3インチのメーター部分と11.9インチのセンターディスプレイが組み合わされ、フローティングデザインになっています。

 パワートレインはすべて電動化されています。「GLC200 4MATIC」は204馬力・320Nmを発生する2リッターガソリンターボエンジンに23馬力・320Nmを発生するスタータージェネレーター(ISG)が組み合わされる48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載します。

 また「GLC300 4MATIC」は258馬力・400Nmの2リッターガソリンターボ+ISG、「GLC220d 4MATIC」は197馬力・440Nmを発生する2リッターディーゼルターボ+ISGとなります。

欧州市場ではPHEVも3種類を用意

 さらに3種類のPHEVも用意。第4世代のPHEVシステムを搭載し、100kW(約135馬力)・440Nmを発生するモーターを搭載。WLTPモードでの一充電走行可能距離は100㎞超と、日常のドライブならほとんど電気のみで走行できます。

メルセデス・ベンツ新型「GLC」のインテリア

PHEVにはシステム総合313馬力・550Nmの2リッターガソリンエンジン+モーターの「GLC300e 4MATIC」、システム総合381馬力・650Nmの2リッターガソリンエンジン+モーターの「GLC400e 4MATIC」、システム総合335馬力・750Nmの2リッターディーゼル+モーターの「GLC300de 4MATIC」が用意されます。

 組み合わされるトランスミッションはすべて9Gトロニック(9速AT)です。

 サスペンションはAIRMATICというエアサスペンションを選択することも可能です。また新型Cクラス同様、後輪も操舵するリアアクスルステアリング(4WS)を用意。後輪のステアリング角度は最大4.5度で、これにより最小回転サークルは10.9mと、通常モデルに比べて90cm小回り性能が向上します。

 欧州市場では2022年7月に発売、ベースモデル「GLC200 4MATIC」の価格は5万7631.70ユーロ(日本円で約786万円。ドイツの付加価値税VAT19%込)からとなっています。

※ ※ ※

 日本に上陸する新型GLCのグレードは未定です。また昨今の半導体やハーネスなどの部品不足により、日本での発表時期は大幅に変更される可能性もあります。