兵庫・淡路島は、古事記や日本書紀につづられた“国生み神話”ゆかりの場所が多くあることでも知られています。そんな“日本はじまりの島”に、客室内に天然の温泉を備えたくつろぎのグランピング施設がオープンしました。

日本初“ダイヤモンド型”ドームテントも採用

 阪神圏からアクセスが良好な兵庫・淡路エリアに、新たなアウトドア施設「グランピングテラス淡路」が誕生。リゾートグランピングドットコムでの予約受付がスタートしました。

 5棟限定の新しいプライベートグランピング施設「グランピングテラス淡路」について、担当者の幸森さんは次のように話します。

「新施設は、淡路島の多賀の浜からほど近い場所に位置しています。全部で5棟、2タイプからなるグランピングテントで構成され、そのすべての棟に専用の客室温泉を備えた高規格なグランピング施設です。

 客室は2タイプから選べます。室内から景色を楽しめる開放的な直径7mのドーム型テントと、日本初のオリジナルデザインである珍しいダイヤモンド型のステラドームを配置。すべての客室に冷暖房を完備しており、くつろぎの空間はモダンな内装に仕上げています」

●豊かな源泉に恵まれた島で楽しむプライベート温泉

 すべての宿泊棟に完備されているプライベートな天然温泉風呂は、滞在中いつでも心ゆくまで湯浴みが可能。外遊びやアウトドアアクティビティを満喫した後には、いつでも心地よい温泉でリフレッシュできます。

 もちろん各棟には、ホテルに匹敵するアメニティや専用のトイレを用意。カジュアルなキャンプとは一線を画した快適さで、家族やアウドドアに不慣れな人でも安心です。

 さらに「グランピングテラス淡路」には、グランピングステイをさらに充実させるさまざまなアクティビティが用意されています。

 センターハウスでは、燻製づくり体験をはじめ、ポップコーンづくりやマシュマロ焼き体験を楽しめます。また“お野菜マルシェ”では、季節の新鮮な島野菜から自由に野菜を選ぶことが可能。さらに、さまざまなアウトドア用の料理器具を借りられる「アウトドアギアマルシェ」を使って“キャンプメシ”に挑戦するなど、大人も子どももワクワクするコンテンツが目白押しです。

 加えて同施設では、アウドドアの醍醐味である焚き火も優雅に楽しめます。

「気軽にアウトドア体験をお楽しみいただけるよう、全棟に個別のファイヤーピット(焚き火台)を配置しています。満点の星空の下、家族や親しい人とグラスを傾けたり、お子さまといっしょにマシュマロを焼いて楽しんだりと、ここでしか味わえない特別な時間をお過ごしください」(幸森さん)

●“島グルメ”を堪能できるグランピングBBQ

 滞在プランのおすすめは、豪華なグランピングBBQを味わえる食事つきプランです。

 淡路島のブランド牛・淡路牛のサーロインステーキをはじめ、淡路ゴールデンボアポークステーキ、淡路産の生ソーセージといった贅沢な食材が並ぶBBQセットを、海外製の本格的なBBQグリルで焼いて味わうのは格別です。さらに、アウトドア気分を盛り上げるスキレット料理やダッチオーブンで炊き上げる淡路米など、日常では味わえないアウトドアBBQが魅力です。

 そして朝食には、ベーグルサンドや淡路牧場ヨーグルトといったさわやかなモーニングセットが登場。これらの食事は、冷蔵庫やキッチンを備えた専用の食事スペースで味わうことができ、どんな天候でも快適にBBQや食事をとれます。

 そんな「グランピングテラス淡路」の周辺には、遠浅の海と美しい砂浜が人気の多賀の浜があり、夏場の海遊びはもちろんのこと、播磨灘に沈む真っ赤な夕日を眺めながらの散策もおすすめです。

 自然の偉大さを身近に感じ、アクティビティを満喫しながらも、ホテルステイのように快適に過ごせる淡路島でのグランピングリゾート。色濃く残る思い出に1ページになること間違いなしです。

●施設概要
・施設名:グランピングテラス淡路
・宿泊棟数:5棟

■ドームテント(3棟)
・宿泊料金/4名1室利用時(消費税込・以下同):1万8700円〜(1名/素泊まり)

■ステラドーム(2棟)
・宿泊料金/4名1室利用時:1万8700円〜(1名/素泊まり)