2022年10月に、ルノー新型「カングー」が日本でお披露目される予定です。そのライバルがシトロエン「ベルランゴ」ですが、3列7人乗り仕様の「ベルランゴXL」が2022年にも上陸する見込みです。

新型カングーの日本初公開と同時期に発表!?

 日本で人気のフランス車が、ルノー「カングー」やプジョー「リフター」、シトロエン「ベルランゴ」のMPVです。

 これらはもともと小型商用車をベースにした乗用車で、日本では2002年に初代カングーが登場して以来、そのコンパクトなボディと圧倒的な室内スペースが人気となり、とくに若いファミリーに支持されました。

 その後2009年に2代目カングー、そして2019年にはリフターとベルランゴが日本で展開されました。そして2022年10月に開催されるイベントで、ついに3代目となる新型カングーが日本でお披露目される見込みです。

 ライバルのフルモデルチェンジに合わせるように追加されるのが、3列シートを持つ「ベルランゴXL」です。

 ベルランゴは初代が1996年7月に発売されたMPVです。
 
 現行型モデルは2018年にジュネーブモーターショーで世界初公開された3代目のなります。リフターや、欧州市場で展開されるオペル「コンボ」、トヨタ「プロエースシティ」と兄弟車という関係です。

 日本では2019年10月にデビューを果たました。2020年8月には正式デビュー、カタログモデルが登場しました。

 全長4405mm×全幅1850mm×全高1850mm、ホイールベースは2785mmというボディサイズで、Cセグメントの大きさながら広大な室内が特徴です。荷室も5名乗車時で597リッター、2列目シートを倒すと最大2126リッターになります。

 搭載されるエンジンは130馬力・300Nmを発生する1.5リッターディーゼルターボで、8速ATのEAT8を組み合わせるFFモデルです。JC08モード燃費も21.2km/L、WLTCモードで18.0km/Lという省燃費ぶりも発揮します。

 シトロエンは、2021年の新規登録台数が5894台と前年比117.2%となりましたが、その好調ぶりを支えたのがこのベルランゴといえます。これまでシトロエンのブランドを知らなかったというユーザーが、ベルランゴという存在を知り、はじめてシトロエンの店舗に来場するという傾向が強くあるといいます。

ベースモデルよりも全長350mm、ホイールベースは190mm延長

 ベルランゴXLとはどんなクルマなのでしょうか。

3列7人乗りのロングホイールベース仕様、シトロエン「ベルランゴXL」

 ベルランゴXLは、全長4753mm×全幅1848mm×全高1812mm、ホイールベース2975mm(欧州仕様)というボディサイズで、通常のベルランゴよりも全長が約350mm、ホイールベースが190mm長くなっています。全幅・全高は変わりません。

 全長が長くなった恩恵は、室内スペースの広さにつながっています。ベルランゴXLは3列目シートを用意、乗車定員7名を実現しています。

 3列目シートは折りたたむと完全に収納されます。また、さらに3分割で折りたためる2列目シートをすべて倒すと、広大でフラットな荷室が広がります。

 欧州では110馬力・205Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ターボガソリンエンジン「ピュアテック110」搭載モデルや6速MT仕様も用意されますが、日本導入は現行ベルランゴと同じ1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン+8速ATとなりそうです。

 さらに欧州仕様では、新型C4などにも採用されるシトロエン独自の乗り味を提供するサスペンション「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)」を搭載するモデルもあります。日本仕様での採用は未定ですが、通常モデルとの差別化、さらに国産ミニバンとの差別化を考えると、採用されてほしいアイテムのひとつといえるでしょう。

 ベルランゴXLの日本導入は「2022年中」とだけ発表されており、詳細な時期については未定です。当初は2022年秋を予定していたようですが、昨今の半導体不足などの影響により、その時期はずれそうです。

 また車両価格も発表されていません。