マツダのフラッグシップSUVが「CX-9」です。今回、北米で最新型となる2023年モデルが登場しました。

マツダのフラッグシップSUVは約540万円から

 マツダ・ノースアメリカンオペレーションズ(マツダ北米法人)は2022年8月30日、3列シートを持つSUV「CX-9」の2023年モデルを北米で今秋に発売すると発表しました。

 CX-9は日本未発売の大型SUVで、3列シートで最大7人が乗車可能なマツダSUVのフラッグシップとなるモデルです。初代は2007年に登場、現行モデルは2016年に登場した2代目となります。

 ボディサイズは全長5075mm×全幅1969mm×全高1747mm、ホイールベースは2930mmで、スカイアクティブG 2.5ターボエンジンに6速ATが組み合わされます。ハイオク仕様は250馬力・最大トルク320lb-ft(約433Nm)、レギュラー仕様はで227馬力、最大トルク310lb-ft(約420Nm)という出力・トルクを発揮します。

 全グレードに「i-Activ AWD」を標準装備。さらにG-ベクタリングコントロールプラスとオフロードトラクションアシストを装備しています。

 2023年モデルには、2列目キャプテンシート仕様(6座)が全グレードに用意されました。グレードは「ツーリング」「ツーリングプラス」「カーボンエディション」「グランドツーリング」「シグネチャ」の5種類を展開しています。

 すべてのグレードには3年間無料のマツダ コネクテッドサービスが含まれており、MyMazdaアプリにログインして車両の状態をリモートで監視および制御する機能を提供し、3か月間または2GBのトライアル用の車内Wi-Fiホットスポットを提供します。

 その他、ヒーター付きフロントシート、パワーリフトゲート、マツダ アドバンスト キーレスエントリー、オーディオ、Bluetooth、およびクルーズコントロールボタンが取り付けられた革巻きシフターとステアリングホイールなどが標準装備されます。

 車両価格は、CX-9ツーリングが3万8750ドル(日本円で約543万円)、CX-9ツーリングプラスが4万1500ドル(約581万円)、CX-9カーボンエディションが4万4780ドル(約627万円)、CX-9グランドツーリングが4万5640ドル(約640万円)、CX-9シグネチャーが4万8460ドル(約680万円)です。

 CX-9の2023年モデルは、2022年秋以降にディーラーに到着する予定です。