ポルシェとスポーツ用品メーカーのプーマがコラボレーション! 911カレラRS 2.7のデビュー50周年を記念した限定スニーカーが2022年9月11日に発売されます。

「グランプリホワイト/ブラック」は日本限定カラー

 ポルシェジャパンは、、ポルシェ「911カレラRS 2.7」の誕生50周年を記念したコラボレーションスニーカー「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディション(Puma × Porsche Suede RS 2.7 Limited Edition)」の日本限定カラー500足を、2022年9月11日から販売開始すると発表しました。

 ポルシェは50年前の1972年、パリモーターショーで911カレラRS 2.7を発表しました。このモデルは当時のレース規定「グループ4」に適合したホモロゲーションモデルとして開発され、「カレラ」と名づけられた最初のモデルとして500台がつくられました。

 RSはドイツ語でモータースポーツを表し、2.7はエンジン排気量を示しています。210ps・255Nmを発生する2.7リッター水平対向6気筒エンジンは、0−100km/h加速は5.8秒、最高速度は245km/hと、当時のドイツ車として最速を誇りました。911カレラRS 2.7最大の特徴は「ダックテール」と呼ばれるリアスポイラーです。

 同様に、「プーマ スエード」もプーマの歴史を象徴するスニーカーです。当初は1968年メキシコオリンピック、陸上200m走で金ペダルを獲得したオリンピアンであるトミー・スミス選手のゼッケン「307」を記念して、わずか307足でデビューを飾りました。 

 この特別なスニーカーには、911カレラRS 2.7発売当時のラインナップ(10色)が各色500足限定にて用意され、その中の2色、「オレンジ/ブラック」はオランダ、「グランプリホワイト/ブラック」が日本での限定販売となります。

 スニーカーのサイドには、ポルシェロゴとシリアルナンバーが刻まれており、甲部をおおうベロ部分には、ドイツ・シュトゥットガルトにある「ポルシェミュージアム」のチケット(2022年12月31日まで1度の訪問が無償で有効)が記されています。

 ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッド エディションは、ポルシェ正規販売店およびポルシェスタジオにて販売されます。

●販売開始日:2022年9月11日
●展開数量:グランプリホワイト/ブラック(日本限定カラー)500足
●販売店舗:ポルシェ正規販売店およびポルシェスタジオ
●サイズ:24cm – 32cm
●価格:2万2700円(税別)