長い間「フェラーリ初のSUV」と噂されていた、フェラーリ新型「プロサングエ」がついに世界初公開されました。全長4973mm×全幅2028mm×全高1589mmの大柄なボディに725馬力の6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載する異色な4ドアモデルは、しかしどう見てもフェラーリです。

イタリアでの価格は39万ユーロ(約5400万円)

 フェラーリ史上初となる4ドア・4座席モデル、「PUROSANGUE(プロサングエ)」が発表になりました。

 長らく「フェラーリ初のSUV」と噂されていたモデルですが、フェラーリ自身は「プロサングエはSUVやクロスオーバーではない」と主張しています。

 なるほど、プロサングエのデザインはスタイリッシュで、ひと目でフェラーリとわかります。

 そのいっぽうで全高は1589mmと高く、最低地上高は185mmで駆動方式は4WDとされているので、「SUV的な使い方」もできそうです。事実、フェラーリは「オンロード(舗装路)のために作られたモデルだが、オフロードも走れる」としています。

 ただし、SUVという言葉の定義があいまいになっているいま、プロサングエがSUVかどうかを深く掘り下げることに大きな意味はないように思います。

 大切なのは、プロサングエがこれまでのフェラーリよりも少し背の高い4ドア・モデルで、大人4人が快適に過ごせる室内空間と、長距離ドライブを楽々と備えたラグジュアリーカーであるということ。そしてなにより、スポーツカーの性能を備えた純粋なフェラーリとされている点にあります。

 プロサングエ(=純血、サラブレッドの意味)というモデル名にも、フェラーリのそんな思いが込められているようです。

 全高が高い4ドア・モデルにスポーツカーの性能を与えるため、まったく新しいボディ構造やサスペンションなどがプロサングエのために開発されました。

 たとえばボディはアルミを中心としたスペースフレーム構造で、しかもエンジンなどの重量物をすべてホイールベース内に収めるレイアウトが採用されました。

 エンジンは「812スーパーファスト」などと同じ流れを汲む排気量6.5リッターの自然吸気V型12気筒エンジン(F140IA型)ですが、シリンダーヘッド、クランクシャフト、ピストン、コンロッドなどを新設計したうえ、2トンを越える車重にあわせて低速トルクを強化した特性に改めています。

 そのうえで725馬力と716Nmのハイパフォーマンスを実現。最高回転数は8250rpmと極めて高く、高回転域まで回せばフェラーリらしい美しいサウンドを奏でるそうです。

 フェラーリの至宝ともいうべきV12エンジンは、前輪の後方でキャビンの前方にあたる位置に“フロントミッドシップ”されますが、これと組み合わされる8速DCTのギアボックスは後車軸上に搭載され、前後の重量バランス改善に役立てられています。

 こうしたレイアウトはトランスアクスル方式と呼ばれ、現行フェラーリの全フロントエンジン・モデルに採用されています。

 いっぽう、プロサングエの駆動方式は4WDです。

 このため、エンジンの直後にはパワートランスファー・ユニット(PTU)というデバイスが置かれ、エンジンが生み出したパワーを2方向に振り分けたうえで、そのいっぽうを左右の前輪に伝えます。

 しかも、PTU内部のメカニズムによって、左右輪に配分するエンジンパワーの比率を調整できるので、ステアリングを切らなくてもクルマが曲がる力を生み出すことができます。このような機能はトルクベクタリングと呼ばれ、通常は左右輪に個別にブレーキをかけることで実現していますが、フェラーリは駆動力の増減を用いることにより、より効率的でスポーティなハンドリングを実現したと主張します。

 4WDや後輪駆動のモデルのなかには、左右後輪の駆動力を調整して同様の効果を得るモデルもありますが、前輪の駆動力で制御する4WDモデルは、ホンダの2代目「NSX」やフェラーリ「SF90ストラダーレ」などが知られている程度で、きわめて少数といえます。

フェラーリ初となるアクティブサスペンションを採用

 フェラーリ初のアクティブサスペンションが採用されたこともプロサングエの特徴です。

 これはモーター、ギア、リサーキュレーティング・ボールスクリューなどを組み合わせ、モーターの力で4輪の位置を個別に制御するシステム。

 ただし、メカニカルなスプリングとダンパーは残されているので、完全にモーターだけでホイール・ストロークを管理しているわけではありません。1980年代から1990年代にかけてF1で活躍したアクティブサスペンションのように、スプリングとダンパーを完全になくすこともできなくはありませんが、そうするとモーターが消費する電力が極端に大きくなり、エネルギー効率の低下を招くため、この方式が採用されました。

フェラーリ新型「プロサングエ」の後席。5人乗りはなくすべて2+2の4座になる

 同様のメカニズムを採用するモデルは他メーカーにもありますが、フェラーリはロールやピッチといったボディの動きを完全に排除するのではなく、タイヤの接地性やドライバーの操縦感覚を加味しながら、“ほどよいフラット感”を追求したといいます。この辺の味付けも、注目されるところです。

 エクステリア・デザインは、フロントは「296GTB」、リアは「ローマ」と似ている部分がなくもありませんが、それでも全体としてまとまりよく、フェラーリらしい躍動感あるデザインに仕上がっています。

 1589mmの全高が、あまり感じられない工夫が施されているところにも、フェラーリ・デザインチームの手腕が発揮されているといえるでしょう。

 もうひとつ、注目されるのは、リアドアが後ヒンジの前開きで、前後ドアがいわゆる“観音開き”となることでしょう。ただし、Bピラーは残され、強固なボディ剛性の実現に寄与しています。

 フェラーリらしいスポーティなデザインでまとめられたキャビンには、4つの独立したシートが設けられています。

 これは後席の乗員も安心してスポーツドライビングを楽しめるために考えられたもので、プロサングエに5シーターは用意されません。この辺もフェラーリらしい割り切りといえます。

※ ※ ※

 フェラーリは、プロサングエの発表前に先立ち、およそ2000人の顧客に事前予約をとったところ、大変な好評を得たといい、本格的に受注が始まれば納期は1年から2年程度まで延びると予想しています。

 それでも、フェラーリはプロサングエの生産台数を全体の20%程度に抑え、増産する計画はないといいます。これは、フェラーリの希少性を維持するために採られる措置のようです。

 プロサングエのイタリアでの価格は付加価値税込みで39万ユーロ(約5400万円)。デリバリーは2023年の第2四半期から始まるそうです。

Ferrari PUROSANGUE
フェラーリ・プロサングレ

・全長:4973mm
・全幅:2028mm
・全高:1589mm
・ホイールベース:3018mm
・車両重量:2033kg
・エンジン形式:V型12気筒DOHC
・排気量:6496cc
・駆動方式:4WD
・変速機:8速F1 DCT
・エンジン最高出力:725cv/7750rpm
・エンジン最大トルク:716Nm/6250rpm

・最高速度:310km/h
・0−100km/h加速:3.3秒