欧州では2022年5月にマイナーチェンジされたBMW新型「3シリーズ」ですが、早くも日本に登場しました。セダン/ツーリング同時に上陸しています。

iXにも搭載された最新の「BMWカーブドディスプレイ」を初採用

 ビー・エム・ダブリュー(BMW日本)は2022年9月20日、「3シリーズセダン」および「3シリーズツーリング」をマイナーチェンジ、販売を開始すると発表しました。

 納車は同年9月下旬以降を予定しています。

 3シリーズは初代が1975年に登場したBMWの主力Dセグメントモデルで、現行型はG20(セダン)/G21(ツーリング)というモデルネームで呼ばれる7世代目となります。

 2018年のパリモーターショーでデビュー、日本では2019年1月(ツーリングは同年9月)に発表されています。

 今回は初のマイナーチェンジとなり、外観ではフロントマスクのデザインを大幅に変更。よりスリム化された標準のフルLEDヘッドライトはデイタイムランニングライトが逆L字型に配置され、モダンな雰囲気を醸し出しています。またキドニーグリルのデザインも変更されています。

 リアエプロンのデザインも変更。より洗練されています。またエキゾーストシステムのテールパイプフィニッシャーは、エンジンバリエーションに応じて直径90mmから100mmとなります。

 インテリアは、12.3インチのメーター・パネルと14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させた最新のBMWカーブド・ディスプレイの採用により、優れた視認性と高い操作性を実現しています。またトランスミッションのシフトレバーを廃止し、BMW特有のiDriveコントローラー回りはすっきりとし、モダンな印象となっています。

 なお、シフトレバーの廃止に伴い、パドルシフトは全てのモデルに標準装備されます。

 さらに最新世代のコネクティビティも有しています。

「OK, BMW」と話しかけることで、車両の操作、目的地の設定等が可能である。Apple CarPlayへの対応、スマートフォンで事前に検索した目的地を車両に送信するなど、利便性が大幅に高められています。
 
 さらに高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力を有す最先端運転支援システム、最新世代の安全機能を標準で装備しています。高速道路での渋滞時においては、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」により、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能です。

 消費税込みの車両価格は以下のとおりです。

<BMW3シリーズセダン>
・318i:548万円
・318i M Sport:604万円
・320i Exclusive:646万円
・320i M Sport:646万円
・330e M Sport:710万円
・M340i xDrive:1040万円

<BMW3シリーズツーリング>
・318i Touring M Sport:627万円
・320i Touring M Sport:689万円
・320d xDrive Touring M Sport:715万円
・M340i xDrive Touring:1067万円