日本で鉄道が開通したのは1872年。2022年は鉄道開業150周年の記念の年になります。そんななかJR東日本が「鉄道開業150周年記念 JR東日本パス」をえきねっと限定で販売しています。秋の行楽にはおトクなパスですが、どんなものなのでしょうか。

JR東日本全線と7社の路線が3日間乗り降り自由

 JR東日本は、鉄道開業150年を記念した「鉄道開業150周年記念 JR東日本パス(記念パス)」を「えきねっと(Web)」限定で販売しています。これはどんな記念パスなのでしょうか。

 明治5年(1872年)10月14日、新橋・横浜(現在の桜木町)の両停車場で開業式がおこなわれ、翌15日から新橋〜横浜間29kmの旅客列車の運転が開始されました。

 2022年は、鉄道開業150周年になります。そのためJR各社では、さまざまなイベントもおこなわれています。

 JR東日本が販売している記念パスは、2022年10月14日から10月27日までの間の連続する3日間、新幹線を含むJR東日本全線と、富士急行など7社が乗り放題となっています。

 価格は大人2万2150円、子ども1万150円で、同年10月22日まで販売されます。
 
 対象路線はJR東日本全線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線、えちごトキめき鉄道線 (直江津〜新井間)、JR東日本が運行するBRT(バス・ラピッド・トランジット)です。

 普通列車と新幹線・特急の普通車自由席が対象となり、あらかじめ座席の指定を受ければ、新幹線・優等列車の普通車指定席が4回まで利用可能です。

 さらに、JR東日本グループ会社と連携した特典を用意。記念パスを購入すると、駅レンタカーの割引特典や、NewDays等のエキナカでの買いものが10%割引になるなど、さまざまな特典や割引サービスが受けられます。