グレードは3グレード構成。479万2000円から

 フォルクスワーゲンジャパン(VWJ)は2022年9月21日、ミドルSUV「Tiguan(ティグアン)」シリーズに新たなパワートレインとした「TSI 4MOTION」を追加設定し、受注受付を開始しました。

 ティグアンは2008年に初代モデルが登場したSUVで、世界的にはVWのベストセラーとなる人気モデルです。

 現行型は2017年に登場、2021年5月にはマイナーチェンジがおこなわれました。

 今回登場するTSI 4MOTIONは、190馬力・320Nmを発生する2.0TSIエンジンを採用。VWの四輪駆動として定評のある4MOTIONシステムと組み合わせることで、高いローロホールディング性能と扱いやすいエンジン性能を備えたモデルとなっています。組み合わされるトランスミッションは7速DSGです。

 グレード構成は3グレード構成となります。エントリーグレードの「Active(アクティブ)」は、1.5リッターTSIエンジン同様の装備に加え、4MOTIONアクティブコントロールやヒルディセントアシストやドライビングプロファイル機能などを装備。

「Active Advance(アクティブ・アドバンス)」グレードには、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステムディスカバー・プロ、やデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などの先進装備を標準設定。

 さらに上級グレードの「R-Line」には、専用の内外装に加え、アダプティブシャシーコントロール“DCC”やレザーシートなどのオプションを選択することが可能です。

 エクステリアカラーはナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリックなど全5色展開です。

 消費税込みの車両価格は以下のとおりです。

・ティグアン TSI 4MOTION Active:479万2000円
・ティグアン TSI 4MOTION Active Advance:518万8000円
・ティグアン TSI 4MOTION R-line:581万6000円

 本モデルの出荷は2022年11月より順次開始されますが、半導体供給不足などの影響により納期に時間がかかる場合があります。

※ ※ ※

 ティグアンは全長4515mm×全幅1840mm(R-Lineは1860mm)×全高1675mm、ホイールべースは2675mmというミドルサイズSUVです。

 ティグアンTSI 4MOTIONのWLTC燃費は12.8km/Lとなります。