新しい旅のスタイルが浸透しはじめた昨今、ビーチリゾートにおいて需要が高まっている宿泊スタイルがバケーションレンタルです。絶好のサーフポイントとして人気の千葉・一宮の釣ヶ崎エリアにも、自由なリゾートステイを楽しめる貸別荘が誕生しました。

あこがれのカナダ産の本格ログハウス

 千葉県のビーチリゾートとして人気の一宮に、貸別荘「スイートヴィラ 一宮SURF」がオープンしました。“暮らすように泊まる”をテーマとする貸別荘「スイートヴィラ」ブランドの最新施設です。

 サーフショップやレストランが立ち並ぶリゾートスポットに誕生した新施設の特徴について、運営するリソル不動産の開発担当・浅井さんは次のように話します。

「『スイートヴィラ 一宮SURF』は、九十九里のリゾートエリアである千葉・一宮の、海を臨む高台に建てられた一戸建ての貸別荘です。東京オリンピックのサーフィン会場になった“釣ヶ崎サーフィンビーチ”までクルマで5分という好立地にあります。

 約400坪の広々とした敷地に1棟のみ。カナダ産の木材で建てられた温もりあふれる本格的なログハウスで、房総の自然に囲まれ、どこか懐かしい雰囲気を醸し出す空間演出により、都会では味わえないくつろぎと開放感にひたっていただけます」

●木のぬくもりに包まれた心地よい空間

 滞在のメインスペースとなるリビングは、整然と並んだ木材が美しい落ち着きある空間です。

 重い印象になりがちなリビングダイニングの家具は、シンプルかつスタイリッシュなアイテムで統一し、居心地のよさを演出しています。キッチンも備わるため、自由に調理を楽しめます。

 リビングからつながるウッドデッキは、35平米を超える広々としたつくり。デッキチェアも置かれ、アウトドアリビングとしてくつろぐことができます。潮風を感じながら朝食をとるのもおすすめです。ウッドデッキの先にある庭には、手入れの行き届いた芝生が広がっています

 寝室は3部屋あり、家族やグループでの滞在にも対応。ベッドはゆとりあるクイーンサイズで、各部屋あわせて5台用意しています。1階の寝室からはウッドデッキと緑のコントラストを楽しむことができ、2階の寝室からは窓から差し込む陽差しが心地よい目覚めを誘います。

 また、1階の寝室にはワーキングスペースも完備。窓から緑を眺められ、いつもと違う気分で仕事をおこなえるなどワーケーションにも最適です。

 海と自然を楽しみながら、のんびりと休日を過ごしたり、海遊びの拠点にしてみたりと使い方自由自在のログハウスで、優雅なビーチリゾートを満喫してみてはいかがでしょう。

●施設概要
・施設名称:スイートヴィラ 一宮SURF
・棟数:1棟
・宿泊料金/2名1棟利用時(消費税込):2万4100円〜(1名/素泊まり)