BMW M社から、新型SAV(SUV)の「XM」が登場しました。PHEVモデルで総合出力は653馬力、トルクは800Nmとなります。

伝説のスーパーカー「M1」以来のBMW M社オリジナルモデル

 独BMWのハイパフォーマンスブランド、BMW M社(BMW M GmbH)は2022年9月28日、新型「XM」を世界初公開しました。

 新型XMは、Mハイブリッドドライブシステムを搭載する、Mモデル初のプラグインハイブリッド車(PHEV)です。

 BMW M社設立から50周年となる記念の年である2022年に登場した新型XMは、伝説のスーパーカー「M1」以来のBMW Mオリジナルモデルです。

 エクステリアは、ふたつの独立したユニットに分割されたヘッドライトが特徴です。またゴールドに縁取られ、夜間は輪郭が光る照明を備えた新タイプのキドニーグリルが目を引きます。

 ボディサイドは、ゴールドのアクセントバンドが走り、M1のボディに沿って走るブラックバンドを連想させます。またフラットなリアウインドウに刻印された BMW のロゴや彫刻的なリアライトの目を引くルーバー構造にも、過去へのオマージュが込められているといいます。

 搭載されるエンジンは489馬力・650Nmを発生するV型8気筒Mツインパワーターボエンジンで、これに197馬力・280Nmのモーターが組み合わされます。これにより、総合出力は653馬力、トルクは800Nmとなります。

 駆動方式はM xDrive(4WD)で、トランスミッションは8速Mステップトロニック(8速AT)を組み合わせます。この結果、0−100km/h加速は4.3秒と、スーパーカー並の加速力を誇ります。最高速度は250km/h(リミッター)です。

 センターコンソールにある「Mハイブリッドボタン」を押すと、3つのドライブモードを選択できます。エレクトリックモードを選択すると、最高速度140km/hまでの速度で最大82kmから88km、EV走行が可能です。

 通常走行時はV8エンジンによる軽快なサウンドをもたらしますが、エレクトリックモードで走行時にも、アクセルペダルの動きに対して電気駆動音を発します。これはBMWグループと映画音楽の作曲家ハンス・ジマーが共同で開発したもので、BMWアイコニックサウンド・エレクトリックと呼ばれます。

※ ※ ※

 新型XMは2022年12 月に米国・スパルタンバーグにあるBMWグループ工場で開始されます。2023年春から世界のディーラーで販売される予定です。主要な販売市場は、米国、中国、中東になるとM社はコメントしています。

 また2023年秋には、この新型XMをベースにした高性能バージョン、「XM LEBEL RED(XMレベルレッド)」も追加される予定です。XMレベルレッドはBMW M社の歴史の中でもっともパワフルな公道走行可能な生産者で、システム出力は748馬力・1000Nmを発生するといいます。