フェラーリが50年ぶりに耐久レースのトップカテゴリーに投入されるワークスマシン「499P」を発表しました。来シーズン2023年の世界耐久選手権のLMHクラスに参戦予定です。

半世紀ぶりにル・マン24時間のトップカテゴリーに投入されるワークスマシン

 伊スクーデリア・フェラーリは2022年10月29日、イモラ・サーキットで開催されたイベントにおいて、ハイパーカー「499P」を正式に発表しました。

 499Pは、2023年からWEC(世界耐久選手権)「ルマン・ハイパーカー」(LMH)クラスに参戦する予定のレーシングマシンです。フェラーリとしては「312P」以来50年ぶりにル・マン24時間耐久レースのトップカテゴリーに投入されるワークスマシンとなります。

 499Pは3リッターV型6気筒ツインターボエンジンをリアミッドに搭載。またフロントアクスルには272馬力を発生する電気モーターを組み合わせます。トータル出力は680馬力を達成しています。これに7速トランスミッションが組み合わされます。

 ボディデザインは、フラビオ・マンゾーニ氏が指揮するフェラーリ・スタイリングセンターで開発されました。空力に優れながら、フェラーリのDNAを明確に表現するシンプルな曲線で構成されています。
 
 フェラーリのエグゼクティブ・チェアマン、ジョン・エルカン氏は「499Pは、WECシリーズでの完全な勝利を目指し、我々が戻ってくることを示すものです。プロジェクトにコミットすることを決定したとき、私たちは革新と開発の道を歩み始めました。私たちは謙虚にこの挑戦に臨みますが、ル・マン24時間レースで20を超える世界耐久選手権と9回の総合優勝を達成してきた歴史を意識しています」とコメントしています。

※ ※ ※

 今回ゼッケンナンバー「50」「51」と、マシンの詳細なスペックなどが発表されましたが、参戦ドライバーはまだ発表されていません。