日本有数の温泉地として知られる北海道の登別温泉に“鬼”をテーマにしたサウナが登場しました。その名も「鬼サウナ」では、オートロウリュ式サウナと登別温泉の双方を楽しめます。滝の流れる開放的な空間で北海道の自然を体感しながら、外気浴を楽しめるのも魅力です。

“鬼”をコンセプトにしたユニークなサウナ

 北海道登別市の宿泊施設「登別グランドホテル」の庭園露天風呂エリアに、“鬼”をテーマにしたサウナ、その名も「鬼サウナ」が新たにオープンしました。本格的なオートロウリュ式サウナといっしょに、豊富な湯量を誇る登別温泉を楽しめるのがポイントです。

 鬼の棲み家をイメージさせるようなサウナ室の外観は、登別を代表する観光名所であり、登別温泉最大の源泉でもある“地獄谷”の荒々しい崖と岩肌が表現されています。

 一方、サウナ内は自然になじみやすい木材ベースの素材を使用した、落ち着きのある空間。正面の大きな窓からはホテル自慢の滝を眺められるほか、側面の円形窓からも美しい四季折々の風景を楽しめます。

 金色のフレームでつくられた、鬼のこん棒のようなサウナストーブには大量のサウナストーンを収容。一般的なロウリュ式サウナの設定温度が80〜90℃であるのに対し、「鬼サウナ」では“鬼”の名に負けじと110℃の高温設定を実現しています。

 室外には、赤鬼と青鬼をイメージした2色の羽釜風呂が並んでいます。42〜43℃の温水を使用した熱めの湯風呂(赤の羽釜)と、登別山麓の天然水を掛け流す水風呂(青の羽釜)で、交代浴を楽しめるのも美点です。

 本格サウナで汗を流した後は、開放感あふれるウッドデッキスペースで外気浴しながらのクールダウンが可能。力強い滝の流れと水音、山あいの澄んだ空気など、北海道の大自然を体感できます。

●サウナー専門ブランド“TTNE”がプロデュース

「登別グランドホテルに」新設された「鬼サウナ」は、サウナー専門ブランドのTTNEを主宰する、“ととのえ親方”ことプロサウナーの松尾大氏が監修を手がけています。

「登別グランドホテル」の取締役・栗林広行氏はもともと、TTNEがプロデュースするサウナ施設のファンだったといいます。そんな両者が共同企画した結果、“鬼”を想起させるアイデアを取り込んだ「鬼サウナ」が誕生したのです。

 そんな「鬼サウナ」の魅力について、監修を手がけた松尾氏は次のようにコメントしています。

「北海道屈指の温泉街・登別に合うサウナはどんなものだろうと、地獄谷から湧き上がる湯けむりを見ながら硫黄の香りをかぎ、ひらめいたのはやはり“鬼”でした。

 サウナ室の前には、赤鬼と青鬼をイメージした温冷交代浴ができる地獄の釜風呂があります。水風呂後の外気浴タイムでは、季節ごとに異なる表情を見せる滝を眺めながら、ゆったりと休んでいただけます。今後『鬼サウナ』には、深さ180cmの木桶の樽水風呂も設置する予定です。ここで鬼も人もいやされ、ととのって欲しいですね」

 硫黄泉、食塩泉、鉄泉といった具合に、“温泉のデパート”と称されるほど泉質が豊富な登別温泉と「鬼サウナ」の掛け合わせは、まさに鬼に金棒。“オニととのう”体験をしたい人にはうってつけの施設といえそうです。

●施設概要
・施設名:登別グランドホテル 鬼サウナ
・収容人数:最大14名
・毎時00分オートロウリュ
・大浴場男女交代制(鬼サウナは偶数日が男性、奇数日は女性の利用となる)
・営業時間:12:30〜24:00(月・木曜日は14:30〜24:00)、翌朝6:00〜10:00
・利用料金/日帰り温泉入浴1名(登別市入湯税、消費税込込み):大人(中学生以上)2000円、子ども(2歳〜小学生)1000円