ポルシェ「718ボクスター」「718ケイマン」にスタイルエディションが登場しました。懐かしい964型911カレラRSのボディカラーを現代的に解釈した「ルビースターネオ」が眩しい1台です。

300馬力・380Nmのエントリーボクスター/ケイマンがベース

 ポルシェジャパンは2022年11月2日、「718ボクスター」および「718ケイマン」に、斬新なカラーと調和の取れたコントラストパッケージを特徴とした新型「718ボクスタースタイルエディション」および新型「718ケイマンスタイルエディション」の予約受注を開始しました。

 今回登場したスタイルエディションは、目を見張るようなデザインを特に重視するユーザーのために用意した特別なバージョンです。

 これは964型のポルシェ「911カレラRS」に採用されていたエクステリアカラーを現代的に解釈したルビースターネオによって、さらに明確になります。

 ルビースターネオ以外のカラーを選択されたとしても、新しい718モデルは明確に識別することが可能です。ホイールカバーにポルシェカラークレストをあしらったハイグロスブラックの20インチ718スパイダーホイール、ブラックのスポーツテールパイプ、あるいはリアのハイグロスシルバーの“Porsche”ロゴが特徴となっています。

 718スタイルエディションのコントラストパッケージは、追加料金なしでブラックとホワイトの2種類から選択することができます。

 どちらを選択しても、フロントラゲッジコンパートメントリッド上のデコレーティブストライプ、サイドの“Porsche”デコレーティブロゴ、ホイールのブラック&ホワイトハイグロス塗装仕上げ、リアのモデルロゴが含まれます。スタイルエディションモデルのインテリアには、ブラックのレザーパッケージ(チョークのコントラストステッチ付)、ステンレスドアエントリーガード(イルミネーテッド)、ポルシェクレストヘッドレストが装備されています。

 スタイルエディションのパワートレインとシャシは、両モデルで違いはありません。300馬力・380Nmを発生する2リッター水平対向4気筒ターボエンジンをシート後方に搭載した718ボクスター/ケイマンのエントリーレベルをベースにしています。

 6速MTを標準装備するスタイルエディションの0−100km/h加速は5.1秒(オプションの7速PDK装着時は4.7秒)、最高速度は275km/hというパフォーマンスを発揮します。

 消費税込みの車両価格は、718ボクスタースタイルエディションが910万円、718ケイマンスタイルエディションが871万円です。右ハンドル/左ハンドルが選択可能です。