空調家電の開発・販売を手がけるcadoより、スリムなスティック型ヘアドライヤーが登場しました。陸上競技のリレー種目で使われる“バトン”のような形状とサイズ感は、軽量で携行性に優れるのはもちろんのこと、すばやく思いどおりに髪を乾かせるのが魅力です。

理想の形を実現したヘアドライヤー

“We design for atmosphere(空気をデザインする)”をコンセプトに、空気清浄機、除菌脱臭機、加湿器といった空調家電をリリースしてきたcado(カドー)から、スティック型のヘアドライヤー「baton(バトン)」が登場しました。

「baton」はその名のとおり、陸上競技リレー種目で使われる“バトン”のようなルックスとサイズ感が特徴。メーカー独自の発想を元にドライヤーの理想の形状を追求し、2017年より5年以上の歳月を費やして完成したオリジナリティあふれるヘアドライヤーを完成させました。

「baton」は本体重量が300gを切る軽量設計に加え、スリムなスティック状デザインにより旅行先などへの携行性も抜群です。小型のボディは限られたスペースでも置きやすく、コンパクトに収納できます。

 となると気になるのは、風量の強さや乾きやすさ。コンパクト設計のドライヤーは大型タイプに比べて風量が劣るイメージがありますが、「baton」は小型ながらパワフルな送風を可能にしています。「baton」が軽量コンパクトながらパワフルな風量を実現できた理由について、cadoのマーケティング担当・斎藤さんは次のように話します。

「『baton』の特徴は、スティック上でコンパクトというだけではありません。商品開発に当たり、超軽量でパワフルな“カドーHSDCモーター”を新たに開発しました。cadoの主力製品である空調家電の開発・製造で培ってきた送風技術を応用し、定格消費電力が約800Wという省エネ設計でありながら、自社調べで2022年10月現在、国内家庭用ヘアドライヤーにおいてトップクラスとなる毎分約2.0立方メートルというパワフルな風量を実現しています。cadoは『baton』によって、大きいドライヤーこそパワフルであるという従来の常識を覆します」

●スティック状ドライヤーのデザイン上のメリット

「baton」は一般的なノーズつきドライヤーとは異なり、バトンを想起させるスティック型にデザインされています。この独特な形状により、直進性のある風で髪の根元から急速に乾かす仕組みです。

 ノーズレスデザインの「baton」は、腕を自然に上げるだけでドライヤーと髪との理想的な距離感(約20cm)をキープ。腕に負担をかけずに楽に紙を乾かせます。

 また、頭頂部から毛先まで、ねらった場所に的確かつ最適な温風を届けられるほか、乾かしにくい後頭部の髪も効率よくスピーディにヘアドライできます。

 さらに、4段階の風温調節機能やコードがからまりにくいノンツイスト機構の搭載、マグネット着脱式のカールブラシなど、うれしい機能が満載です。

●製品仕様
・価格(消費税込):2万9920円
・重量:約298g(電源コード、カールブラシを除く)
・サイズ:直径約38.5×⾼さ約277mm
・消費電力:約800W(⾼温強⾵・最⼤出⼒時)
・付属品:カールブラシ、携帯ポーチ、取扱説明書(保証書)