ポルシェの2ドアスポーツカー「911」シリーズのオフロードバージョンがまもなく世界初公開されます。世界中の過酷なオフロードで1万km以上、トータル50万km以上テストして開発されたという本格派だそうです。

砂漠や氷上、がれ場など世界中の過酷なオフロードで開発テスト

 独ポルシェは2022年11月9日、「911 DAKAR(911ダカール)」の開発テストの画像を公開しました。

 新型911ダカールは、1984年にパリ・ダカールラリーでポルシェが初の総合優勝を飾ったことに敬意を評して名付けられたものといいます。この際は、初めて全輪駆動システムを搭載した改造911での優勝でした。

 新型911ダカールのプロジェクトマネージャー、アヒム・ランパーター氏によると、、世界中の過酷なオフロードで1万km以上、トータル50万km以上テストをおこなったといいます。

 ダカールラリーに参加するチームが、ラリー前に欧州でテストをおこなう際にかならず訪れるという南フランスにあるシャトー・ド・ラストゥール、厚い氷で覆われたスウェーデンのアリエブログ、そして摂氏45度以上という灼熱のドバイとモロッコの砂漠などにも持ち込み、テストを重ねました。

 ポルシェのブランドアンバサダー、ヨルク ベルクマイスター氏は新型911ダカールをテストし、「どんな路面においても、このような最低地上高とオールテレインタイヤを備えたモデルは、オンロードでポルシェ911を操っているように感じるでしょう」とコメントしています。

 また開発ドライバーのラース・カーン氏も最終テストをおこなった後、「ルーズな路面でのハンドリングには非常に満足しています。ABSもグラベルでのブレーキングに最適化されています。オフロードタイヤがどれだけのトラクションを提供するかは驚くべきことです。このクルマを運転するのは楽しいです」とコメントしました。

※ ※ ※

 ポルシェ新型911ダカールは、同年11月16日から米国・カリフォルニア州で開催されるロサンゼルス・オートショー(LAショー)で世界初公開される予定です。