ミニ・クロスオーバーPHEVをベースにした特別仕様車が日本で登場しました。装備充実の内容になっています。

「現行モデルから電気自動車への架け橋」となるモデル

 ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2022年11月10日、MINI(ミニ)クロスオーバーPHEVにハイグレードな装備を施した特別仕様車「MINI Crossover Albert Bridge Edition PHEV(ミニ・クロスオーバー アルバートブリッジエディションPHEV)の発売を開始しました。

 ミニ・クロスオーバーは初代が2011にミニ4番目のモデルとして登場。2017年には2代目に進化し、2020年秋にはマイナーチェンジをおこなっています。

 車名の由来となるアルバートブリッジは、英国ロンドンのテムズ川にかかるアルバート橋のこと。アルバート橋は夜にはたくさんのライトで彩られ、ロンドンの名所となっています。

 ミニの全モデルは2030年代に電気自動車になることを目指していますが、PHEVモデルのミニ・クロスオーバー アルバートブリッジエディションPHEVを、現行モデルから電気自動車への架け橋となるモデルと位置づけ、モデル名にアルバ0飛ばしの名前を取り入れているといいます。

 この特別仕様車はミニ・クーパーSE クロスオーバーALL4をベースに、限定ボディカラーやレザーシートなどを施したモデルとなります。

 消費税込みの車両価格は559万円です。

 エクステリアは「ルーフトップ・グレー」を特別に装備、ブラックルーフ、ブラックミラーキャップ、ピアノブラックエクステリアとのコンビネーションでスポーティな印象となっています。また。19インチのターンスタイルスポーク2トーンのアロイホイールがSUVらしさを強化しています。

 インテリアはMINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザーチェスターインディゴブルーを特別に装備。また専用バッジを施したフロアマットやエンブレム入りのドアシルを装備し、さらに、上質なレザーを用いたナッパ・レザー・ステアリングのスポーク下部にも「ALBERT BRIDGE EDITION」の名を冠しています。

 なお納車は、2022年12月以降を予定しています。