VWは、電気自動車(EV)「ID.シリーズ」の販売台数が全世界で50万台を突破したと発表しました。まもなく日本でも「ID.4」が登場する予定ですが、このID.シリーズとは現在、どんなモデルがあるのでしょうか。

予定を1年前倒しして達成

 独フォルクスワーゲン(VW)は2022年11月14日、VWの電気自動車(EV)「ID.」シリーズの販売が全世界で50万台を突破したと発表しました。

 この50万台という数字は、2020年10月にID.シリーズの最初のモデルとして欧州で「ID.3」が登場以来、予定より1年早く目標を達成したといいます。

 VWのセールス/マーケティング/アフターセールス担当役員のイメルダ・ラーベ氏は「フォルクスワーゲンを持続可能なモビリティにとって最も望ましいブランドにしたいと考えています。しかし部品の供給に関しては緊張した状況が続いているため、生産の調整を繰り返しています」とコメントしています。

 VWでは、2033年から欧州でEVのみを生産する予定です。2030年までにはEVは欧州でのVWの販売台数の少なくても70%を占めるようになるといいます。また米国と中国では、同期間のEVのシェアを50%以上にすることを目標にしているといいます。

 今後2026年までに、10車種におよぶEVモデルを販売する予定となっています。

※ ※ ※

 現在、VWのID.シリーズはどんなモデルがあるのでしょうか。

 最初に量産車として2020年より欧州で発売開始となったのが「ID.3」です。

 EV専用のプラットフォームとなるMEB(モジュラー・エレクトリック・ツールキット)を使って生まれた最初のEVで、いわゆるCセグメントのハッチバック車。つまりフォルクスワーゲンの主力モデルである「ゴルフ」に相当するEVとなります。45〜77kWhのリチウムイオン電池を搭載しています。今では欧州だけでなく、中国でも販売がスタートしています。

 ID.シリーズの2番目の量産モデルは「ID.4」です。2020年に欧州で発売開始となり、翌2021年には北米と中国でも販売されています。

 ID.3と同様に、EV専用プラットフォームのMEBを使用。バッテリー搭載量は52〜77kWh。最初に後輪駆動モデルが登場し、続いてパワフルな4WDモデルが追加されています。

「ID.5」は、いわゆるクーペSUVと呼ばれるもの。クーペのような流麗なルーフラインを持ったスタイリッシュなSUVです。2021年11月に発表され、欧州での発売が開始されています。搭載するバッテリーは77kWhとなりますが、最高出力174馬力仕様、204馬力仕様、4WDの299馬力仕様が用意されています。

 ファミリー向けに広い室内空間を謳ったコンセプト「ID.ROOMZZ(ルームズ)」の量産モデルに該当するのが「ID.6」。3列シートを備えたSUVです。バッテリーは58kWhと77kWhの2種。2021年春の上海モーターショーで発表された中国専用モデルとなります。

 最後の量産モデルがミニバンの「ID.BUZZ(バズ)」となります。空冷ビートルのバン・バージョンである「タイプ2」を彷彿とさせるキュートなモデルです。77kWhのバッテリーを搭載し、5人乗車と2/3人の乗りのバン仕様の2種を用意。市場投入は欧州で2022年、北米にはロングホイールベース仕様を2023年に発表し、2024年発売すると予告されています。

※ ※ ※

 日本でももうまもなく最初のID.シリーズとなる「ID.4」が上陸する予定です。