2022年11月16日にトヨタ「プリウス」がフルモデルチェンジ、5代目となる新型に生まれ変わりました。1997年の初代登場以来、四半世紀にわたり世界的にもエコカーブームを牽引してきたプリウスですが、どんな歴史があるのでしょうか。あらためて考えます。

初代から25年 フルモデルチェンジで登場した5代目新型プリウス

 2022年11月16日にトヨタ「プリウス」がフルモデルチェンジ、5代目となる新型に生まれ変わりました。

 シリーズパラレルハイブリッド車(HEV)は今冬、プラグインハイブリッド車(PHEV)は2023年春頃に発売を予定ということで、車両価格など詳細なスペックについては発表されていませんが、デザインも新たに「Hybrid Reborn」というコンセプトのもと開発されました。

 プリウスは誕生から25年間、車名が意味する「先駆け」の言葉どおりに新世代のエコカーとしてハイブリッド車の普及を牽引続けてきました。

 これまでのプリウスのグローバル累計販売台数は約505万台、2022年3月時点で削減されたCO2量は約8200万トン以上に達するとされています。

 そんなプリウスの歴史をもう一度紐解きます。

※ ※ ※

 世紀末まであと3年という1997年に、「21世紀に間に合いました」をキャッチフレーズに誕生したのが、初代「プリウス」です。

 その内容は、とにかく画期的でした。

 エンジンとモーターという2つの動力を使うハイブリッドカーの本格量産乗用車として世界初。しかも、パワートレインだけでなく、室内空間を最大限にする新世代パッケージングによるスタイルも独特。デジタルメーターを運転席前ではなく、インパネ中央に配置したのも驚かされました。ただし、初代「プリウス」の強みである省燃費=環境対策という側面に関する世間一般の興味度は、まだまだ低く、そういう意味で初代「プリウス」は、先に行きすぎていたとも言えます。

 そのため話題にはなるものの、その必要性がいまひとつ実感されなかったようで、販売面では大成功となることはありませんでした。

トヨタ初代「プリウス」

 第2世代の「プリウス」の登場は2003年。

 エンジンとモーターを組み合わせるハイブリッドシステムは第2世代のTHSⅡに進化します。

 燃費性能は初代の28.0km/L(10・15モード)から、さらに高まり、世界最高レベルとなる35.5㎞/L(10・15モード)に。電子制御ブレーキとパワーステアリング、駆動力制御を総合制御する世界初のステアリング協調車両安定性制御システムを採用するなどメカニズムもしっかりと進化しました。

 また、横から見たときにクルマ全体が三角形に見える新しいフォルム“トライアングル・シルエット”を採用するなど、エクステリアを大きく洗練させたのも特徴でしょう。

 そして、さらに大きく変わったのが、世間の環境意識でした。

 ハリウッドのセレブたちが「プリウス」に乗ってアカデミー賞の表彰式に登場したのです。世界最高の燃費性能である「プリウス」に乗ることは格好良い! と見られるようになったのです。

 そんな2代目の「プリウス」は日本だけでなく、アメリカや欧州、中国でも販売されるようになり、2006年に累計販売台数が50万台を突破。そして、わずか2年後となる2008年には累計販売台数が100万台を突破します。初代のデビューから10年ほどで「プリウス」は世界的な成功を収めることができたのです。

4代目プリウスではJC08モード燃費がついに40km/L超え

 世界的な成功を収めた2代目を継いだ3代目「プリウス」の登場は2009年です。

歴代「プリウス」

 3代目モデルは、ハイブリッドシステムをさらに進化させ、リダクションギヤ機構付きTHSⅡとしました。“リダクションギヤ”という遊星ギヤを追加することで、効率をさらにアップ。世界最高レベルとなる38.0㎞/L(10・15モード燃費)を維持しながら、動力性能も大幅に向上。

 1クラスも2クラスも上となる2.4リッター並みの動力性能を身に着けたのです。ちなみにデザインは、先代のトライアングル・シルエットを継承。ただし、ヘッドライトはギザギザとした独特のデザインを採用。キリリとした目元が特徴となりました。

 そんな3代目「プリウス」には、さらに強力な追い風が吹きます。それが「エコカー減税&補助金」です。

 名前の通りに、エコカー=燃費の良いクルマへの税金を減額するだけでなく、補助金までも出そうという制度を国が用意したのです。

 そうとなれば売れないはずはありません。なんと3代目「プリウス」は、2009年から2012年まで4年連続で国内の年間販売台数ナンバー1となるのです。まさにベストセラー、国民車になったのが3代目「プリウス」でした。

 4代目「プリウス」の誕生は2016年。ハイブリッドシステムは洗練を極め、燃費性能は、より厳しい基準となったJC08モードで最高40.8㎞/Lを達成。世界トップレベルの燃費性能を守り続けました。

 また、トヨタが今も進める“もっといいクルマづくり”の成果であるTNGAプラットフォーム採用も、4代目のトピック。TNGAプラットフォーム採用による低重心化で、4代目「プリウス」は大きく運動性能を高め、「燃費性能の良さ」と「走る楽しさ」の両立を目指しました。その人気は依然高く、2016年と2017年の2年連続で、国内年間販売台数ナンバー1を獲得。2019年もナンバー1となっています。

トヨタ新型「プリウス」

※ ※ ※

 プリウスの初代モデルは、ハイブリッドカーという技術をモノにして、革新性が話題となりました。

 2代目となり、進化したハイブリッドシステムと現在に続くトライアングル・シルエットを採用。世界的な環境意識の高まりにあわせて、世界市場でも成功を収めることに成功します。そして、技術的な洗練を加えた3代目モデルは、日本国内での人気も爆発。「プリウス」は、国民車と呼べるような大きな存在となります。さらに、現行の4代目では、“もっとよいクルマづくり”であるTNGAを採用したことで、より魅力をアップ。人気の高さを維持しています。

 新しい5代目プリウスの開発チームは、「次の25年もお客様に愛され続けるために、プリウスはどうあるべきか。」という、プリウスのあり方をゼロから考えたといいます。

 スタイリッシュな新型プリウスですが、その走りはどうなのか、実際の燃費はどうなのか。試乗するのが楽しみです。