VWのコンパクトハッチバック「ポロ」の高性能バージョン、改良新型「ポロGTI」が日本で発売されました。

2.0TSIは改良前と比べて7馬力の出力向上

 フォルクスワーゲンジャパン(VWJ)は2022年11月21日、コンパクトハッチバック「Polo(ポロ)」のパフォーマンスモデル、新型「ポロGTI」を発売しました。

2.0TSIは改良前と比べて7馬力の出力向上

 新型ポロGTIは、2022年6月にマイナーチェンジした改良新型ポロをベースにした高性能バージョンです。

 ボディサイズは全長4085mm×全幅1750mm×全高1430mm、ホイールベースは2550mmで、搭載する2リッター直列4気筒ターボエンジン(2.0TSI)は207馬力・320Nmを発生します。これは先代モデルよりも7馬力向上しています。0−100km/h加速は6.5秒というパフォーマンスを誇ります。

 シャシは専用セッティングが施され、ノーマルに対しマイナス15mmのローダウンスポーツサスペンションを採用。さらに高速でのコーナリング時にトラクション性能を最適化する電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」や自分好みの走りを選択できるドライビングプロファイル機能を標準装備としています。

 またスポーツモードとノーマルモードの切り替えを可能とするアクティブダンパーを備えた“Sport Select”シャシー付スポーツパフォーマンスキットと18インチアルミホイールがセットとなった“Sport Select”パッケージです。

 エクステリアは、ハニカム形状のフロントグリルに加え、左右のヘッドライトをつなぐ車幅灯と共に、ヘッドライト内部まで赤いアクセントラインが走る、GTIらしさが際立つデザインとなっています。

 インテリアははブラック、レッド、グレー、クロームを基調に随所に赤いアクセントが施され、GTIの伝統を感じさせます。フロントシートは、伝統のチェック柄を配したファブリックのトップスポーツシートを採用、シートやシフトノブなど随所に赤いスティッチが施されています。

 ボディカラーはピュアホワイトやディープブラックパールエフェクトに新色のキングズレッドメタリック(有償オプションカラー)とスモーキーグレーメタリックが加わった合計4色展開。消費税込みの車両価格は411万3000円です。