フォルクスワーゲンが拡充を進める電動車ラインナップの中から、まずはクロスオーバーSUVの「ID.4」が日本上陸を果たしました。広々としたキャビンや運転のしやすさなど、クルマとしての基本性能を追求しながら、電動車らしいスムーズな走りを実現。その高い完成度は日本勢の脅威となりそうです。

2026年までに生産するモデルの4台に1台をEVに

 今、VW(フォルクスワーゲン)が最も注力しているEV(電気自動車)の「ID(アイディ)」シリーズが、ついに日本上陸を果たした。日本市場向けの最初のモデルとなったのは「ID.4(アイディ・フォー)」と呼ばれるモデルである。

 IDシリーズは、クルマの基盤となるプラットフォームからEV専用タイプを開発&採用する。VWは2026年までに、「生産するモデルの4台に1台をEVにする」と掲げているが、これはVWがIDシリーズに対し、莫大な投資をおこなっていることを意味している。それは、そこまでしなければ、EVの世界ではライバル以上の存在感を示せないことの裏返しでもあるのだろう。

 本国では“Cセグメント”ハッチバックの「ID.3(アイディ・スリー)」が先行デビューしているが、そちらはいうなれば“「ゴルフ」のEV版”。一方、ID.4はそれよりひと回り大きいクロスオーバーSUVなのがポイントだ。

 ID.4のボディサイズは全長4585mm、全幅1850mmと、VWのエンジン車でいえば“Dセグメント”SUVの「ティグアン」(全長4520mm、全幅1840mm)に近い。インポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンによると「ID.3は主にヨーロッパ向けなのに対し、ID.4は欧州、北米、中国で生産される世界戦略モデル」だという。

 ちなみに日本は、ID.4の輸出マーケットとしては最初に導入される国のひとつだという。消費税込で499万9000円(補助金は含まず)からという戦略的な価格設定を見ても、ID.4にかけるVWの意気込みがひしひしと伝わってくる。

 インポーターによると、ID.4は(1)500kmを超える航続距離(日本仕様は388kmと561kmの2タイプを設定)。(2)ロングホイールベース(ティグアンより95mm長い)がもたらす広々とした室内。(3)後輪駆動レイアウトの採用で前輪の操舵角を大きくとることができ、オーバーハングまで含めた回転半径はゴルフよりも小さい。(4)誰もが扱いやすく直感的な操作系……などが特徴として挙げられるという。

 それを踏まえて実車に触れてみると、まず操作系から従来のVW車(というか、VWのエンジン車)との違いを感じらせる。たとえばイグニッション(正確にいえばシステムのオン/オフ)は、ダッシュボードにスイッチこそあるものの、キーを身に着けて運転席に座りブレーキペダルを踏めば自動でオンになり、シートから離れるとオフとなる仕組み。すでに同様の機構を採用しているメーカーもあるが、EVはエンジン車とは異なる世界を持つクルマであることを実感させるのに十分な演出だ。

 また、前進と後退とを切り替えるシフトセレクターはメーターパネルの右端にあり(BMW「i3」に似ている)、メーターパネル自体もコンパクトでステアリングコラム上にレイアウトされる。大きなフロントウインドウと合わせ、良好な視界をもたらすフラットなダッシュボードも開放的で好印象だ。

先ごろ上陸した電動SUV「ID.4」は、スムーズでなめらかな走りや広いキャビン、さらに優れた操作性など、VWの真面目なクルマづくりが光る

 居住性はどうだろう? フロアに対してフロントシートの着座位置は思いのほか低く、SUVらしくない。どちらかといえばハッチバックに近い感覚だ。一方、リアシートは着座位置が高めで、センタートンネルがないこともあって足元はゆったりしている。前方視界も良好だから後席に座る乗員も快適に移動できる。このようにキャビンの居住性は、ID.4の自慢のひとつだとうかがえた。

日本市場向けIDシリーズのラインナップ拡充に期待

 今回試乗したのは、77kWhの大容量バッテリーを搭載し、航続距離561kmを実現した「ID.4 Pro」と呼ばれるタイプである。

先ごろ上陸した電動SUV「ID.4」は、スムーズでなめらかな走りや広いキャビン、さらに優れた操作性など、VWの真面目なクルマづくりが光る

 バッテリー容量が小さい「ID4.Lite」に比べると、航続距離(Liteは388km)が長くなるだけでなく、モーターのパフォーマンスも34ps増しの204psとなっている。ただし、最大トルクはいずれも310Nmなので、日常領域(アクセルペダルをグッと踏み込まない状態)における加速性能の差はないと考えていいだろう。むしろ車重が190kg軽いLiteの方が、加速がいい可能性もある。

 試乗して好印象だったのは、アクセル操作に対する反応がリニアなことだ。アクセルペダルを踏み込んだ際に急激にトルクが立ち上がり、勢いよく加速するセッティングの方がEVとしては“わかりやすく”、“EVならではの刺激”に富む。そのため、一部のハイパフォーマンスEVはそうした味つけになっているが、ID.4にそうした印象はなく、ひたすらなめらかな印象だ。ドライバーの「こんな感じに加速したい」という意図をクルマが汲んでくれるかのように速度のコントロールがしやすく、刺激はないもののしっかりと速度がついてくる印象である。

 VWはEVを特別な乗り物だとはとらえておらず、あくまでガソリン車やディーゼル車の延長線上にあると考えているようだ。そのため、エンジン車から乗り換えても違和感のないパワーの立ち上がり方とし、車速のコントロール性を高めているのだろう。

 VWが今後のクルマ社会を見据えて開発したID.4は、内外装デザインや操作系では斬新な部分を見せつつも、パワートレインのセッティングにおいてはエンジン車から乗り換えても違和感のない、いわば保守的な仕立てとなっている。EVのラインナップ拡充や拡販を目指す日本勢にとって手ごわい存在となりそうである。

 余談だが、IDシリーズには「ID.Buzz(アイディ・バズ)」という往年の名車「ワーゲンバス」をモチーフにしたミニバンも欧州で展開されている。愛嬌あるそのスタイルは、日本市場に導入されれば“バズる”こと確実だ。ID.4は確かにいいクルマだが、IDシリーズの可能性を見せつける意味でも、VWは1日も早くID.Buzzを日本市場に導入すべきではないかと筆者は思う。

●Volkswagen ID.4 Pro Launch Edition
フォルクスワーゲン ID.4 プロ ローンチエディション
・価格(消費税込):636万5000円
・全長:4585mm
・全幅:1850mm
・全高:1640mm
・ホイールベース:2770mm
・車両重量:2140kg
・駆動方式:RWD
・電気モーター:交流同期電動機
・最高出力:204ps/4621〜8000rpm
・最大トルク:310Nm/0〜4621rpm
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:77.0kWh
・1充電走行距離(WLTC):561km
・サスペンション:(前)ストラット式、(後)マルチリンク式
・ブレーキ:(前)ベンチレーテッド・ディスク、(後)ドラム
・タイヤ:(前)235/50R20、(後)255/45R20