神奈川県の箱根湯本にあるホテル「はつはな」が先ごろ大型リニューアルを実施。さらに2022年11月より、地産地消を意識した魅力的なモダン懐石ディナーにふたつのハイグレードコースが加わりました。

全客室に露天風呂を完備! 館内での湯めぐりも魅力

 神奈川県の箱根湯本温泉。その閑静な奥湯本地区に位置するホテル「はつはな」が、2022年9月に装いも新たにオープンしました。

 1993年の開業以来、初の大型リニューアルを遂げたという新生「はつはな」の魅力について、支配人の奈須さんは次のように話します。

「『はつはな』の新たなコンセプトは、“心と五感が満ちる静かなとき”です。今回のリニューアルの最大の特徴は、全客室に自家源泉の露天風呂を完備したこと。さらに、4つの貸切風呂に大浴場と、湯めぐりを体験できる宿に生まれ変わりました。

 客室は全室拡張し、プライベート感を高めた上質な設えといたしました。自然の温もりをゆったり心地よく感じられる35室の和風モダンな客室には、自家源泉である『美人の湯』の露天風呂を備え、至福の時間をお過ごしいただけます。

 また、館内の温泉は“湯めぐり”をコンセプトに、浴室とパウダールーム、くつろぎスペースを備えた趣向の異なる4つの貸切風呂と、ふたつの大浴場を新設しました。なかでも露天の貸切風呂『川音(かわと)の湯』は、景色とお湯がつながり、大自然との一体感を楽しんでいただけるつくりが特徴です。湯上りにはよく冷えた“足柄の水”などでのどを潤していただけます」

●地域食材を活かした「モダン懐石」に贅沢コースが登場

 今回のリニューアルでは、ダイニングやラウンジも一新。ダイニングは、全卓がプライベートを重視した個室仕様となっています。またラウンジには暖炉を新設し、いやしの空間を演出しています。

 ダイニングでは、相州牛をはじめ、自然に恵まれた環境で育った地元・神奈川の豊富な食材を使い、ていねいに仕上げたモダン懐石で提供。懐石料理をベースに洋の要素を加えたモダン懐石は、ワインとの相性も抜群です。ソムリエによるワインペアリングも展開しており、美酒とともにゆったりと味わうことができます。

 さらに2022年11月からは、モダン懐石の「スタンダードコース」に加え、新たに「はなゑみコース」と「はなゑみスペシャルコース」を味わえる宿泊プランも登場。

 従来のコースと異なるのは、メイン食材の魚介・肉が、それぞれ伊勢海老、3大和牛など、よりグレードの高い食材にかわる点。「はなゑみコース」は魚介・肉どちらかを選択し、「はなゑみスペシャルコース」は両方の料理を楽しむことができます。

 いずれのコースも、地元の食材を多用。箱根は、相模湾と駿河湾に挟まれた特有の地形から、山の幸だけでなく海の幸にも恵まれています。たとえば、御造里(おつくり)3種盛りには、駿河湾で獲れる寒い時期が旬の“鰆の焼き霜”などを用意。オレンジジュレをつけて、洋風なペアリングを楽しむのもおすすめです。

 露天風呂を備えた心地いい客室に、神奈川の食材を活かしたこだわりの料理。四季折々に表情を変える湯坂山の眺望と須雲川のせせらぎとともに、生まれ変わった「はつはな」で贅沢な休日を過ごしてみては?

●施設概要
・施設名:はつはな
・客室:35室(13タイプ)
・宿泊料金/2名1室利用時(消費税、入湯税、サービス料込・以下同):大人4万3150円〜(1名1泊2食)

■はなゑみコース付きプラン:4万9150円〜(2名1室利用時・1名1泊2食)
■はなゑみスペシャルコース付きプラン:5万5150円〜(2名1室利用時・1名1泊2食)