ヒョンデのコンパクトSUV「コナ」が2代目へとフルモデルチェンジ、世界初公開されました。ガソリン/ハイブリッド/EVと多彩なパワートレインで登場しましたが、そのうちのEVバージョンが日本でも登場する予定となっています。

日本でも2023年内には初上陸!? 

 韓HYUNDAI(ヒョンデ)は2023年3月7日、BセグメントSUV「KONA(コナ)をフルモデルチェンジ、オンラインで世界初公開しました。同時にEV「コナ・エレクトリック」の詳細を発表しました。

 コナはヒョンデのコンパクトSUVで、初代は2017年に登場。新型モデルは2代目で、今回初公開されたのは韓国市場向けのモデル。グローバルモデルについては同年3月に発表される予定です。

 新型コナのプラットフォームは、キア「ニロ」と同じK3プラットフォームを採用。パワートレインは、ガソリン、ハイブリッド、EVが用意される予定です。またスポーティグレードのNラインを導入予定となっています。

 ガソリンモデルは198馬力・265Nmを発生する「1.6T-GDi」と149馬力・179・5Nmを発生する2.0Lアトキンソンエンジンの2種類。またハイブリッドは1.6L GDiエンジンと電気モーターを組み合わせ、トータル141馬力・265Nmを発生します。

 さらに今回、EVモデルの「コナ・エレクトリック」の詳細が発表されました。それによると、最大航続距離はロングレンジ仕様で490km以上。バッテリー容量はロングレンジ仕様が65.4kWh、スタンダードモデルが48.4kWhです。

 最高出力はロングレンジ仕様が160kW(約217馬力)、後者が114.6kW(約159馬力)と発表されています。最大トルクはともに255Nmで、急速充電器を使用するとわずか41分で10%から80%まで充電可能といいます。

 デザインは、横一文字のLEDヘッドライト「シームレスホライズンランプ」が特徴的です。未来的なエクステリアにもかかわらず、SUVらしくダイナミックなスタイリングとなっています。

「リビングスペース」と呼ばれるインテリアには、12.3インチのデュアルワイドディスプレイとフローティングモジュールが備えられています。またコラムタイプのシフトセレクターをセンターコンソールからステアリングホイール後ろにしたことで、スッキリとしたレイアウトとセンターの荷室スペースを確保しています。

 ボディサイズは全長4350mm×全幅1825mm×全高1580mm、ホイールベースは2660mmというコンパクトSUVのサイズです。先代モデルよりも全長が150mm、全幅が25mm、ホイールベースも60mm拡大したことで、後席の足元スペースは77mm拡大、さらにヘッドルームも11mm広がり、クラス最高のスペースを提供するといいます。

さらに後席ショルダールームもクラス最大の1402mmを確保、厚さわずか85mmというコナのスリムで座り心地の良いシートのおかげで、快適な後席となっています。

 シートバックを倒すと、最大で723リッターのラゲッジルームとなります。

 新型コナは、電気自動車(EV)の「IONIQ5(アイオニック5)」、燃料電池車(FCV)の「NEXO(ネッソ)」に続く、ヒョンデの日本導入第3弾となる予定となっています。

 日本仕様の詳細はまだ発表されていません。また日本導入の正確な時期は未定ですが、2023年内には登場する見込みです。