プジョーの人気Cセグメントハッチバック「308」のGTグレードは従来ディーゼルとPHEVの設定しかありませんでしたが、今回登場する限定の特別仕様車は1.2リッターガソリンエンジンを搭載するモデルです。どんなモデルでしょうか。

GTグレードに待望のガソリンエンジン搭載車登場

 ステランティスジャパンは2023年11月9日、プジョーブランドのCセグメントハッチバック「308GT」の特別仕様車「308GT PureTech Edition(308GT ピュアテックエディション)」を発表、同年11月18日より160台限定で発売します。

 308はプジョーブランドのCセグメント5ドアハッチバックで、初代は「307」の後継モデルとして2007年に登場。2013年には2代目に進化しています。

 現行型は2021年3月フルモデルチェンジして登場した3代目モデルで、日本でも2022年4月に上陸しています。

 プジョーの最新プラットフォーム「EMP2」を採用。ハッチバックのボディサイズは全長4420mm✕✕全幅1850mm✕全高1475mm、ホイールベースは2680mmで、先代よりもホイールベースが55mm長くなり、全長も10mm増えています。逆に全高は20mm低くなり、ワイド&ローのスポーティでスタイリッシュなエクステリアとなっているのが特徴です。

 日本市場では1.2リッターガソリンターボ、1.5リッターディーゼルターボのほか、プラグインハイブリッド(PHEV)が用意されています。

 今回登場した限定車308GTピュアテックエディションは、GTグレードの装備をベースとしつつ、これまでGTグレードのラインナップにはなかったガソリンエンジンを搭載した特別仕様車です。

 130馬力・230Nmを発生する1.2リッター直列3気筒ターボエンジンは「Pure Tech(ピュアテック)」と呼ばれ、今回の特別仕様車のグレード名にもなっています。

 またパノラミックルーフを特別装備、質感を一層際立たせた1台になっています。

 ボディカラーはオリビン・グリーンおよびオケナイト・ホワイトの2色を設定。各色80台ずつを設定しています。

 限定車308GTピュアテックエディションの消費税込みの車両価格は、オリビン・グリーンが418万円、オケナイト・ホワイトが424万500円です。