日本でも人気のコンパクトSUV、メルセデス・ベンツ「GLB」が初のマイナーチェンジ、改良新型が登場しました。どのように進化したのでしょうか。

人気の7シーター・コンパクトSUVが初のマイナーチェンジ

 メルセデス・ベンツ日本は2023年11月17日、新型「GLB」を発売しました。

 消費税込みの車両価格は「GLB180」が638万円、「GLB200d 4MATIC」が694万円です。

 GLBは2019年に登場したコンパクトSUVです。日本では2020年6月に登場しました。
 
 GLBはスタイリッシュなコンパクトSUV「GLA」と共通のプラットフォームを持った兄弟車ですが、全長4650mm×全幅1845mm×全高1700mm、ホイールベース2830mm(日本仕様)と、GLAと比べて全長は235mm、全幅は10mm、全高は80mm、ホイールベースは100mm、それぞれGLBが大きくなっています。

 特徴は、3列シートを持つ7シーターモデルということです。

 3列目シートは、身長168cmの人まで対応というように制限こそありますが、それでも広い室内で人気は高く、日本自動車輸入組合(JAIA)による外国メーカー車モデル別新車登録台数順位を見てみると、2021年(1月から12月)で5812台と全体の11位、2022年も4790台の11位と、人気のモデルとなっています。

 今回、初のマイナーチェンジを受けてエクステリアデザインを刷新するとともに、ナビゲーションシステムを「Sクラス」などに採用している最新世代にアップデートし、安全性や快適性を高めるアダプティブハイビームアシスト等を全モデルに標準装備しています。

 フロントデザインは、メルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なデザインのルーバーが装備され、AMGラインパッケージでは、クローム仕上げのダイヤモンドパターンが無数に散りばめられたシングルルーバーのフロントグリルを採用。

 またSUVらしさを強調した新デザインのフロントバンパーに変更されています。

 リアデザインは、新デザインのリアディフューザーを採用するとともに、LEDリアコンビネーションランプのデザインを変更、よりシャープな印象となっています。

 インテリアは新世代のステアリングホイールを採用し、オプションのAMGラインパッケージを選択すると、3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出しています。

 さらに、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用しました。。これにより、ステアリングホイールにかかるトルクがなくとも、ドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックの使い
勝手を向上しています。また、センターコンソールに設置していたタッチパッドを廃止しています。

ガソリンとディーゼルの2グレードを用意

 パワートレインも刷新。GLB180に搭載される「M282」エンジンでは、「デルタ形シリンダーヘッド」が採用され、その名のとおり、シリンダーヘッドが三角柱を横に寝かした形状となっています。

 通常のシリンダーヘッドに比べると、装着時の高さがある一方、幅や重さが小さくなり、軽量化、省スペース性能が向上しています。

 またノイズの低減にも力を注ぎ、。吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用、触媒コンバーターには遮音シールを施したほか、カバーもノイズ低減の役目を持たせています。

メルセデス・ベンツ改良新型「GLB」のインテリア

 GLB200d 4MATICに搭載される「OM654q」は、最高出力 150馬力、最大トルク320Nmと、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立させています。

 シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長をコンパクトにまとめたシリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となっている一方、ピストンはスチール製となります。

 この熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上摩擦を低減しています。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射
コーティングする「NANOSLIDE」摩擦低減加工を施しています。