2023年、日本の自動車業界で大きな注目を集めたことのひとつが、中国の自動車メーカー・BYDの日本進出でしょう。その上陸第1号車となったコンパクトSUV「ATTO3」はどんな特徴を持つモデルなのでしょうか? そして、どんなところがスゴいのでしょうか? 改めて検証します。

中国以外のマーケットでも日本車と勝負できる実力

 2023年もまもなく終わりを迎えますが、今年、日本の自動車業界で大きな話題となったことのひとつが、中国の自動車メーカー・BYD(比亜迪)の上陸です。

 ジャパンモビリティショー2023への出展でも注目を集めたBYDは、今年1月、コンパクトSUVの「ATTO3(アット・スリー)」で日本市場に初上陸しました。

 上陸第1号車となったATTO3はどんなモデルなのか、改めて試乗しました。

 2023年上半期の自動車輸出台数は、中国が日本を抜いて世界一だったそうです。このニュースから見えてくるのは、中国製のクルマが次の段階へとステップアップしているということでしょう。

 中国の自動車マーケットは、近年、世界最大の規模へと成長しました。ただし、これまでは、フォルクスワーゲンを始めとする海外ブランドが高いシェアを占め、中国の自動車メーカーはその後を追う立場でした。

 しかし、ここ数年で状況は劇的に変化。中国の自動車メーカーは中国の内需をまかなうのはもちろんのこと、欧米や日本の自動車メーカーと国外のマーケットで勝負できる存在へと成長しているのです。

 中国メーカーが手がけるモデルの最大の武器は、やはり価格。ライバルと比べて安いのです。それはかつて、日本車が海外市場へと進出した際に評価されたアドバンテージと同じものなのです。

 足下を見れば、日米欧の自動車メーカーがロシアでの生産をストップするとともに、ロシア向けの新車輸出がなくなったことで生産台数を減らす一方、中国メーカーはロシアに入り込んで台数を伸ばしているという事情があります。

 しかし、ロシアだけでなくヨーロッパやアジアでも、中国車の勢いは加速中。この流れはもはや止められそうにありません。

 ATTO3を手がけるBYDも、今、勢いのある中国メーカーのひとつ。社名は企業理念である“Build Your Dreams”の頭文字からとったものです。

 BYDは2023年初頭、中国の自動車ブランドとして初めて、日本市場で乗用車の正規販売をスタートしましたが、実は同社、乗用車販売をスタートさせる前から電気バスの市場で日本参入を果たしていて、その日本でのシェアは7割にも達しています。

 電気バス自体がそれほど多くない(国内で走る電気バスは200台ほど)とはいうものの、その存在感はなかなかのもの。そんなBYDが、満を持して乗用車市場にも本格進出を果たしたわけです。

 ちなみに、BYDは自動車専業メーカーではありません。バッテリーメーカーとして1995年に創業。2000年代に入ると、モトローラやノキアといった世界的通信機器メーカーへバッテリーを供給するなど事業を拡大。世界有数のバッテリーメーカーとなったのです。

 その後、2003年に自動車事業へ進出。つまり自動車メーカーとしてのBYDはわずか20年の歴史しかないわけです。

 そして2010年には、ダイムラーAGと合弁会社を設立。2020年にはトヨタ自動車と合弁でEV(電気自動車)の研究開発会社を設立するなど、既存の自動車メーカーとも関係を深めています。

ひと昔前の中国車と比べて急速に洗練されたデザイン

 そんな歴史を持つBYDだけに、ATTO3も当然のごとく(?)EVです。

2023年初頭、中国の自動車ブランドとして初めて日本市場に乗用車を投入したBYD。その上陸第一号車となったコンパクトSUVの「ATTO3」

 ボディは全長4455mm、全幅1875mm、全高1615mmのSUVフォルムで、日本車でいえばトヨタ「カローラクロス」より少し短く、少しワイドといったサイズ。国際的にはコンパクトSUVに属すモデルです。

 パワートレインは、最高出力204ps、最大トルク310Nmのモーターに58.56kWhのバッテリーを組み合わせています。

 1充電当たりの航続距離は470km(WLTCモード)で、これは日産「リーフ」の322〜450kmよりも長く、トヨタ「bZ4X」の487〜559kmよりは短い、最新EVとしての平均レベルといったところです。

 中国製とくれば気になるのは、なんといっても品質です。日本人はどうしても中国製品に対して厳しい目を向けがちですが、ATTO3はどうでしょうか?

 エクステリアデザインは、特別、見どころがあるわけではありません。しかし、少し前の中国車で感じられた「トレンドから少し遅れた感じ」は皆無。

 駐車場で日本車に囲まれても違和感なく溶け込むレベルで、ひと昔前の中国車と比べれば急速にデザインが洗練されているように感じます。

 少なくとも「デザインがパッとしない」レベルでないことは認めざるを得ません。欧州車といっても通用しそうなのは、ヨーロッパの自動車メーカーなどから実力のあるデザイナーを迎えているからでしょう。

 その上で、ドアパネルの凹凸のクオリティとか、パネルとパネルのすき間の均一感といった品質面も納得できるレベルです。

 BYDは2010年に、自動車ボディ製造用金型メーカーで世界最大手である日本企業の工場をひとつ買収していますが、そこでつくられた金型を使っているからこそ、高いクオリティを実現できているのです。

 少なくとも「見た目や外装の品質がよくない」なんて印象はありません。

日本市場に対する本気度が伝わってくる商品構成

 一方、「日本車とは違うな」と感じるのがインテリアです。

2023年初頭、中国の自動車ブランドとして初めて日本市場に乗用車を投入したBYD。その上陸第一号車となったコンパクトSUVの「ATTO3」

“フィットネスジム&ミュージック”をテーマとしたコックピットは、円盤状になったダッシュボードのエアコン吹き出し口といい、弦を張ったギターのようなドアポケットといい、発想が自由かつ斬新です。

 それはある意味、クルマの購入層が若く、固定概念に縛られない中国らしい部分といえるのかもしれません。

 コックピット中央にある12.8インチのディスプレイは、電動で90度回転します。これは、状況に応じて使い分け可能な実用性の高い装備であると同時に、「その発想はなかったわ!」と驚かずにいられません。ちなみに日本仕様は、ゼンリンのカーナビが組み込まれています。

 そして、ルーフのほぼ全面をガラス化したパノラマサンルーフ(2枚のガラスで構成され、フロント側は電動でチルトアップ&スライドが可能)も標準装備。

 装備といえば、ひととおりの先進安全装備にACC、そしてアラウンドビューモニターまで備わるなど、なかなかの充実ぶりです。

 その上で、日本車と同様にウインカーレバーをステアリングポストの右側に配置したり、メーター表示が日本語対応になっていたりと、仕向け地に合わせたローカライズにも細かく対応。日本市場に対する本気度がひしひしと伝わってきます。

日本では低いブランド力や知名度をいかに高めるか

 そんなATTO3で何よりも驚いたのは、動的性能の高さでした。「出来のよさは予想のはるか上」というのが正直な印象で、脅威的に感じるほどの出来栄えです。

2023年初頭、中国の自動車ブランドとして初めて日本市場に乗用車を投入したBYD。その上陸第一号車となったコンパクトSUVの「ATTO3」

 まず第一に、乗り心地がいいのが印象的です。

 一般的に、重いバッテリーを積むEVは、それを支えるべくサスペンションを硬めにしたモデルが多く、路面の段差などで生じる衝撃をダイレクトに乗員へと伝えがちです。

 しかしATTO3は、路面からの入力をしっかりといなし、快適な乗り心地を提供してくれます。

 さらに、コーナリング時の挙動も上々。車体の動きが落ち着いているため不安感がなく、ハンドリングも唐突な部分がなくて扱いやすいのです。

 そんなATTO3の走りを体験して、「見える部分だけがよければいい」なんて考えがBYDには微塵もないことに驚きました。

 走る・曲がる・止まるという動的性能に加えて、乗り心地も磨き上げないと世界では通用しないということを、開発チームはしっかりと理解しているのでしょう。

 ATTO3はこれまでの中国車とはクルマのつくり方が大きく転換したモデルといえるのではないでしょうか。

 その上で驚異的なのが、価格設定です。440万円〜というプライスタグは、航続距離がほぼ同じ日産「リーフe+」よりはるかに安いのです。

 ATTO3には多彩な先進安全装備やACC、ガラスルーフなどが標準装備されることを考えれば、100万円以上の価格差があるといってもいいでしょう。

 さらに、国や地方自治体から補助金を考慮すれば、購入時の金銭的ハードルが同クラスのハイブリッドカーと同等という地域もあります。このハイコスパを実現したことこそが、ATTO3のスゴさではないでしょうか。

* * *

 BYDとATTO3の現時点における日本市場での弱点は、ブランド力や知名度が低いこと、そして、中国車に対するイメージの悪さでしょう。

 低価格で十分な性能を備えてはいるものの、信頼性の領域はまだまだ未知数。ユーザーを満足させられるか否かも気がかりです。この辺りは、ディーラー網の整備や各店舗の対応などによっても左右されることでしょう。

 家電のジャンルでは、性能はそこそこながら手頃な価格の海外製を選ぶ人が増えています。実際、ドローンやカメラのジンバルなどは中国製が世界を席巻中です。

 時間が経てば、クルマだってそうなるのかもしれません。グローバルマーケットで中国車が日本車の脅威になりつつあるのと同様、日本市場でもそうなる恐れがあるのです。

 だからこそ、そうなる前に日本メーカーがATTO3を超える商品力を備えたEVを送り出して欲しいと、日本のクルマ好きである筆者は思うのでした。

●BYD ATTO3
・車両価格(消費税込):440万円
・全長:4455mm
・全幅:1875mm
・全高:1615mm
・ホイールベース:2720mm
・電気モーター:交流同期電動機
・最高出力:204ps/5000〜8000rpm
・最大トルク:310Nm/0〜4433rpm
・駆動用バッテリー総電力量:58.56kWh
・サスペンション:(前)ストラット式、(後)マルチリンク式
・ブレーキ:(前)ベンチレーテッドディスク、(後)ディスク
・タイヤ:(前)235/50R18、(後)235/50R18