メルセデス・ベンツのベストセラーミドルSUV「GLC」に、最強モデルのメルセデスAMG「GLC63S Eパフォーマンス」が追加されました。どんなクルマなのでしょうか。

0−100km/h加速3.5秒のプラグインハイブリッドモデル

 メルセデス・ベンツ日本は2024年2月15日、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」のスポーツモデル、新型「メルセデスAMG GLC43 4MATIC(BSG搭載モデル)」を追加、発売しました。

 メルセデス・ベンツGLCは、初代モデルが2015年に登場したミドルサイズのDセグメントSUVです。2008年に登場した「GLK」の後継モデルとして登場しました。

 初代GLCの世界累計販売台数は260万台を突破。2020年と2021年にはメルセデス・ベンツの乗用車のなかでベストセラーモデルとなったように、世界中で大ヒットしています。

 現行型モデルは2022年に登場した2代目モデルで、日本でも2023年3月に発表されています。

 今回登場した新型GLC63S Eパフォーマンスは、GLCの最パフォーマンスモデルで、2023年7月に欧州で発表されています。

  M139l型2リッター直列4気筒エンジンを搭載。エンジン単体で476馬力・545Nmを発生するこのエンジンは、世界でもっともパワフルな量産4気筒エンジンです。

 これにアファルターバッハで開発された容量6.1kWhの高性能バッテリー、後輪を駆動する204馬力のモーターなどにより、システム最高出力は680馬力、最大トルクは1020Nmを発生。0−100km/h加速は3.5秒、最高速度は275km/hというパフォーマンスを発揮します。
 
 このモデルはPHEV(プラグインハイブリッド)で、最大12kmのEV走行距離を発揮。たとえば住宅地に帰宅する際や朝早く出発する際などでは静かにEV走行が可能となっています。これらのパワートレインはメルセデスAMG ペトロナスF1 レーシングから派生したものといいます。

 駆動方式は完全可変式のAMGパフォーマンス4MATIC+前輪駆動システムで、後車軸でスリップが発生した場合、必要に応じて電気モーターの駆動力が前輪にも伝達され、トラクションが強化されます。完全可変全輪駆動の機械的接続は、プロペラシャフトと前輪のドライブシャフトによってこれを可能にします。フロント:リアの動力配分は50:50から0:100まで可変されます。

 トランスミッションはAMGスピードシフトMCT(9速DCT)で、トルクコンバーターのかわりに湿式クラッチを採用しています。またAMGダイナミックセレクト(ドライブプログラム)は8つのモードを用意が用意されます。 

 アダプティブダンピングシステムを備えた「AMGライドコントロール」サスペンションが装備されます。これはスポーティな走りと長距離ドライブでの高い快適性を両立したもので、3つのダンピングから選択が可能です。

 またAMGアクティブライドコントロールは従来の剛性の高いアンチロールバーを使用する代わりに、このシステムは車体の動きを電気機械的に補正するもので、フロントアクスルとリアアクスルのアンチロールバーは2つの部分に分割されており、中央には3段の遊星歯車が組み込まれた電気機械式アクチュエーターが配置されています。

 さらに高速走行時はパワーアシストを減少させ、低速時には増加させる3段階のAMG速度感応ステアリングシステムを採用。またアクティブリアアクスルステアリングも標準装備されます。

日本での価格は1780万円

 インテリアには12.3インチのコックピットディスプレイと、11.9インチの縦型のメディアディスプレイの2画面を標準装備しています。

日本に上陸したメルセデスAMG新型「GLC63S Eパフォーマンス」のインテリア

 また対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を採用。「ハイ!メルセデス」をキーワードとして起動し、さまざまなインフォテインメント機能に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な機能にも対応しています。

 ARナビゲーションも標準装備。車両の前面に広がる現実の景色がナビ画面の一部に映し出され、進むべき道路に矢印が表示されます。

 オフロードでの機能も充実。「Offroad」モードでは、360°カメラシステムを使った「トランスペアレントボンネット機能」が使用可能です。これはディアディスプレイにクルマのフロント部分下方の路面の映像(フロントタイヤとその操舵方向を含む)を仮想的に映し出す機能で、進路上にある大きな石や深い窪みなどの障害をいち早く確認することができます。

 オフロードスクリーンは、コックピットディスプレイおよびメディアディスプレイに情報や操作スイッチ類、さまざまな機能を分かりやすく配置する機能です。これにより、オフロード走行に関連するすべての運転機能をひとつの画面で簡単に操作することができます。

※ ※ ※

 新型GLC63S Eパフォーマンスの消費税込みの車両価格は1780万円です。