“ザ・ビースト”と形容されるKTMのフラッグシップネイキッドが、「KTM 1390 SUPER DUKE R EVO」として生まれ変わりました。エンジンは1350ccとなり、これまで以上にパワフルで快適な走りを楽しめます。また、人気モデル「KTM 250 DUKE」の2024年モデルも登場。どちらもKTMらしいアイコニックなスタイリングが見逃せません。

生まれ変わった新しい“ザ・ビースト”

 KTMから、ニューモデル「KTM 1390 SUPER DUKE R EVO」と、2024年モデルの「KTM 250 DUKE」が登場しました。「KTM 1390 SUPER DUKE R EVO」は2024年3月に、「KTM 250 DUKE」は同2月に発売される予定です。

「KTM 1390 SUPER DUKE R EVO」は、“ザ・ビースト(THE BEAST)”と形容されるKTMのフラッグシップネイキッド。2023年までは「KTM 1290 SUPER DUKE R EVO」がその座に君臨していましたが、2024年からは本モデルがネイキッドバイクの頂点に位置することになります。

 ボアアップにより排気量が1350ccとなったV型2気筒“LC8”エンジンは、最高出力190ps、最大トルク145Nmを発生。最新のEURO5+排ガス規制もクリアしています。

 サスペンションは、最新世代のWPセミアクティブ・テクノロジー(SAT)を採用した電子制御式。マグネティック・バルブによる可変ダンピングを特徴とし、最大限の快適性からサーキット走行に適した設定まで、幅広い調整機能を提供します。

 エクステリアは「DUKE」シリーズ30周年を記念し、2005年モデルの「KTM 990 SUPER DUKE」を想起させるオレンジと、ブラックのボディカラーをラインナップ。

 圧倒的な存在感を放つ新形状のLEDヘッドライト、新しいタンクスポイラー、追加されたエアロウイングレット、そしてサブフレームカバーの小型化やブレーキランプの排除(ターンシグナルと統合)により、これまで以上に筋肉質でアグレッシブなスタイリングを実現しています。

●操作性が向上した新型「KTM 250 DUKE」

 2024年モデルとなった「KTM 250 DUKE」は、エンジン、シャシー、スタイリングなどすべてが一新されました。

 新設計のスチール製トレリス・メインフレームにアルミダイキャスト製サブフレームを組み合わせた2ピースフレームを採用するとともに、新しいトリプル・クランプとオフセットの見直しにより、ハンドリング特性が向上。より優れたコントロール性と安定性を提供します。

 フレームは、新設計の軽量スイングアームと組み合わされ、移設されたリアショックアブソーバーを囲むように配置されているのが特徴です。

 また、ショックアブソーバーをオフセンターにマウントすることで、シート高を下げるとともにエアボックスの大型化を実現。従来型よりも低くマウントされたシートは、安定性やハンドリングを犠牲にすることなく、アクセシビリティを向上させるべく意図的にデザインされています。

 エンジンも次世代型へと進化。“LC4c”と名づけられた軽量コンパクトな249ccの単気筒エンジンは、従来型で培った経験を元に完全に再設計。シリンダーヘッドやギアボックスが新たに最適化されたほか、EURO5+基準にも適合しています。

 カラーリングは、特徴的なエレクトロニック・オレンジとセラミック・ホワイトの2色をラインナップしています。

●製品仕様(EU仕様)
■KTM 1390 SUPER DUKE R EVO
・価格(消費税込):269万9000円
・カラー:オレンジ、ブラック
・ホイールベース:1491mm(プラスマイナス15mm)
・シート高:834mm
・車両重量:212kg(燃料含む)
・エンジン:水冷4ストロークV型2気筒DOHC
・総排気量:1350cc
・最高出力:190ps(140kW)/1万rpm
・最大トルク:145Nm/8000rpm
・燃料タンク容量:約17.5リットル

■KTM 250 DUKE
・価格(消費税込):68万9000円
・カラー:エレクトロニック・オレンジ、セラミック・ホワイト
・ホイールベース:1357mm
・シート高:800mm
・車両重量:165kg(燃料含む)
・エンジン:水冷4ストローク単気筒SOHC
・総排気量:249cc
・最高出力:31ps(23kW)/9500rpm
・最大トルク:25Nm/7500rpm
・燃料タンク容量:約15リットル