ヤマハは2023年、125ccのフルサイズモデル「YZF-R125」、「MT-125」、「XSR125」という3モデルを相次いで発売。これまでスクーターが中心だった同社の原付二種クラスを一気に充実させました。その中の最後発モデルである「XSR125」に試乗し、完成度を探ってみました。

“原付二種”クラスとは思えない装備とクオリティ

 2023年、ヤマハは「YZF-R125」、「MT-125」、「XSR125」という3モデルを相次いで国内に導入しました。いずれも“原付二種”クラスのモデルですが、17インチのホイールを採用したいわゆるフルサイズと呼ばれるカテゴリーに属しています。

 その中でも“本命”のモデルと見られているのが、最後発となった「XSR125」です。どんなマシンに仕上がっているのか? どんな可能性を秘めているのか? 実際に街乗りして探ってみました。

「XSR」シリーズは、レトロテイストを取り入れたネイキッドシリーズ。既存モデルとしては、「XSR700」と「XSR900」が存在します。

 丸いヘッドライトを採用したオーセンティックなデザインが特徴で、若いライダーにも人気が高いとのこと。ヤマハは、新しい125ccシリーズをエントリーライダー向けモデルと考えていますが、特に若者に支持されている「XSR125」をその中核モデルとして位置づけています。

 実車を目にすると、フルサイズの車格で塗装や細部の仕上がりも高品質な「XSR125」は、とても原付二種とは思えない存在感を放っています。またがってみても大柄で、250ccクラスに乗っているような気分。タンクや同色とされたライトケースのクオリティも高いので、所有する満足感もかなり高そうです。

 搭載されるエンジンは、VVA(可変バルブ)機構を搭載した水冷単気筒。7400rpmを境にカムタイミングが切り替わるため、低中回転域と高回転域でそれぞれ最適なカムタイミングとすることができます。

 フレームは剛性バランスに優れるデルタボックスタイプ。フロントフォークは37mm径の倒立式で、リアはモノショックと足回りもかなり贅沢なつくりです。

●クラスを超えた走行性能と乗り心地を実感

 アシスト&スリッパークラッチが装備されたことで非常に軽い「XSR125」のクラッチレバーを操作して走り出すと、低中回転域の力強さに驚かされます。そして、そのままアクセルを開けていくと、VVAの切り替わる回転数からさらにもうひと伸びを味わえます。

 近年、125ccクラスは、以前のようにトルクが薄いという印象のエンジンは少なくなりましたが、そんな中にあっても「XSR125」のエンジンはパワフル。大げさではなく排気量が拡大されたかのようなフィーリングで、さらに高回転域での伸びも気持ちいいので、非常に満足感が高いパワーユニットといえます。

 足回りの挙動も落ち着きがあり、ひとクラス車格が上がったかのような印象。車重自体は137kgと軽量ですが、ハンドリングはしっとりしていてフワフワしたような印象がありません。

「XSR125」は同クラスの「YZF-R125」や「MT-125」に比べてワンサイズ太いフロントタイヤを装着していますが、それも落ち着いたハンドリングにひと役買っているようです。

 ハンドル幅が広く、タンクの量感があることも手伝って、乗っている感覚は125ccクラスとは思えません。トルクフルなエンジン特性もあって、流れの速い幹線道路を走っていても余裕があります。シートの座り心地も上質なので、ツーリングに出かけても疲れは少なそうです。

 ルックスだけでなく走行性能もクラスを超えた上質さを感じられる「XSR125」。ターゲットはエントリー層だと上気しましたが、実際に乗ってみると、ベテランライダーが乗っても125ccクラスのイメージを覆すような魅力を感じられることでしょう。

 まだ実車を見たことがない人は、一度その目で見て、できれば乗ってみることをおすすめします。

●製品仕様
・価格(消費税込):50万6000円
・サイズ:全長2030×全幅805×全高1075mm
・ホイールベース:1325mm
・シート高:810mm
・重量:137kg
・エンジン:水冷単気筒SOHC4バルブ
・総排気量:124cc
・最高出力:15ps/1万rpm
・最大トルク:12Nm/8000rpm