欧州でVWゴルフ誕生から50周年を記念した特別仕様車「ゴルフ エディション50」が登場しました。どのようなモデルなのでしょうか。

登場半世紀で世界3700万台以上を販売したベストセラーカー

 独フォルクスワーゲン(VW)は2024年2月15日、欧州市場にて、ハッチバック「ゴルフ」発売50周年を記念した特別仕様車「ゴルフ エディション50」を発表しました。

 ゴルフはいまから50年前、1974年3月に初代モデルが登場しました。以来現在まで8世代のゴルフが誕生し、世界中で3700万台以上が販売されている、VW史上もっとも販売されたモデルとなります。

 この数字は過去50年間、毎日2000台以上が新たにオーナーとなっているという計算となり、欧州車としてもっとも成功した1台となっています。

 現行型ゴルフは8世代目で、欧州では2019年10月に登場、日本でも2021年6月に上陸しています。2024年1月には欧州にてマイナーチェンジ、改良新型モデルが登場しています。

 全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mm、ホイールベース2620mmというボディサイズは先代のゴルフVII(7)と比べて全長は30mm長く、全幅は10mm狭く、全高は5mm低められています。ホイールベースも15mm短くなっているのも特徴です。

 またツーリングワゴンモデルのゴルフヴァリアントは2020年9月に初公開され、日本でも2021年7月に発売されています。ゴルフヴァリアントは全長4640mm✕全幅1790mm✕全高1485mm、ホイールベースは2670mmというサイズで、先代と比較し全長は65mm延長されています。

 改良新型ゴルフは、内外装を一新。

 エクステリアでは、ゴルフとしては初めて採用する、光るVWロゴを新たに採用。さらに「IQ.ライト」LEDマトリックスヘッドライトは、500m先までを照らす高性能メインビームが組み込まれています。またLEDテールライトのデザインも変更されています。

 インテリアも大きく変更。自立型タッチパネルは12.9インチ(対角32.8cm)の自立式タッチスクリーンを採用。新開発となるインフォメーションシステムが搭載されています。

※ ※ ※

 今回登場した特別仕様車、ゴルフエディション50は、ゴルフ発売50周年を記念したモデルで、改良新型ゴルフをベースとしています。

 エクステリアには18インチのアロイホイール「リーズ」を装備、さらにリアのプライベートガラスや照明付きの水平ラジエーターグリルストリップ、“光る”VWロゴ、Bピラーの3D「50」バッジを装備します。

 インテリアではフロント知るパネルモールディングと、ステアリングホイールのボトムに「エディション50」ロゴ、つや消しステンレスのペダルキャップ、ブラックのヘッドライナーなどの特別装備を用意します。

 またナビゲーション機能を備えた新しい最高級インフォテイメントシステム「ディスカバー」、キーレススタート/ロックシステム、 キーレスアクセス、IDA音声アシスタント、ドライビングプロファイル選択、および盗難防止アラームが標準装備されます。
 
 ゴルフエディション50はさまざまなグレードに用意され、150馬力エンジンと6速MTの組み合わせとなる最廉価の「ゴルフ エディション50 1.55TSI」が3万6820ユーロ(日本円で約595万円。ドイツの付加価値税VAT19%込)からとなっています。

 日本市場での導入時期など詳細は未定です。