ゴルフブランドのオノフから、新型ゴルフクラブ「ONOFF AKA」シリーズが登場しました。最大の特徴は、フェースのどこで打ってもまっすぐ飛ばせる“全芯設計”。打点ブレが少ないためミスショットを抑えることが可能です。

“すべてが芯”という高慣性モーメントヘッドを搭載

 上質な大人のゴルフを提案するブランド・オノフ(ONOFF)から、飛びの性能を追求した「ONOFF AKA」シリーズが登場しました。

 ドライバーの「ONOFF DRIVER AKA」、フェアウェイウッドの「ONOFF FAIRWAY ARMS AKA」、ユーティリティの「ONOFF UTILITY WINGS AKA」、アイアンの「ONOFF IRON AKA」をラインナップします。

 そんな新シリーズの特徴について、オノフを展開するグローブライドのゴルフ営業部・渡邉勇紀さんは次のように話します。

「『ONOFF AKA』シリーズは、“全芯主義”をテーマに、どこで打ってもまっすぐ飛ばせることを目指して開発。クロス バランス テクノロジー(XCBT)を搭載した“振りやすさ=飛び”を追求したクラブです。

“オートマチックなやさしいクラブで飛ばす”をコンセプトに、飛び・やさしさ・デザインに徹底的にこだわり、ゴルフを楽しむために開発されたクラブ性能とシンプルで上質なデザインが特徴です。

 オートマチックなやさしいクラブで、自由自在に飛ばしたい大人のゴルファーに最適なシリーズです」

●やさしくまっすぐ飛ばせる全芯設計

 ここからは「ONOFF AKA」シリーズの各クラブを紹介していきましょう。

「ONOFF DRIVER AKA」は、最速のボールスピードでやさしくまっすぐ飛ばせるドライバー。クラウンに軽比重カーボンを採用し、ソールヒール側には交換可能なウエイトスクリューを配置。すべてが芯の高慣性モーメントヘッドでボールがつかまり、圧倒的な飛距離と寛容性を実現します。

「ONOFF FAIRWAY ARMS AKA」は、抜けのいいレールソールを搭載した“全芯ヘッド”で、やさしく確実に飛ばせるフェアウェイウッド。フェース全体が大きくたわみ復元することで、飛びとやさしさを両立します。ボールの上がりやすさをイメージさせるシャロー形状でありながら、引き締まった印象を与えるマット仕上げも見逃せません。

「ONOFF UTILITY WINGS AKA」は、ターゲットに対してスクエアに構えやすく、反発力と抜けのよさが魅力のユーティリティ。ボールが上がりやすくなるようクラウンを薄肉化して低重心化を図りながら、番手別にヘッドの重心をアベレージゴルファーのスイングに最適化しているのもポイントです。

「ONOFF IRON AKA」は、打点ブレに強い重心設計と高反発を実現した“全芯ヘッド”の高弾道キャビティアイアン。フェースを2段階の肉厚に設定したほか、フェース下部のたわみをアップするパワートレンチにより、実打点の反発力が大幅アップ。ボールを強く押し出してさらなる飛距離アップを実現し、トップ気味のオフセンターヒットでの飛距離ロスも低減します。

●製品仕様
■ONOFF DRIVER AKA
・価格(消費税込):8万5800円
・ロフト:10.5°、11.5°

■ONOFF FAIRWAY ARMS AKA
・価格(消費税込):4万6200円
・番手:3、5、7

■ONOFF UTILITY WINGS AKA
・価格(消費税込):3万6900円
・番手:U3、U4、U5、U6

■ONOFF IRON AKA(5本セット)
・価格(消費税込):12万1000円〜
・番手:I#6〜I#9、PW

■ONOFF IRON AKA(単品)
・価格(消費税込):2万4200円〜
・番手:I#5、AW、SW