2024年4月2日にテスラモーターズ ジャパンは、「Model Y」の改良を発表しました。同時に「Model Y」と「Moldel 3」の補助金額に応じた独自のサポートを明らかにしました。

Model Yは新ハードウェアを搭載。さらに新色登場

 テスラモーターズ ジャパンは2024年4月2日、「Model Y」に新ハードウェアの搭載や新たなボディカラーの設定を発表しました。

 同時に「Model Y」と「Moldel 3」について、令和5年度補正予算のCEV補助金に合わせて、テスラ独自のサポートを行うことも明らかにしています。

 Model Yは、今までの運転支援システムハードウェアと比べて、チップ性能を5倍に向上させたHW4.0を搭載しました。

これによりフロント、リア、サイドリピーターカメラなども高解像度カメラへの変更や、カメラ映像を中心としたセンシングを行う「Tesla Vision」への移行に伴い、超音波センサーが廃止されます。

 その結果、エクステリアデザインは今まで以上にスムースとなり、デザイン性も向上。

ボディカラーも一部変更され、新色として「ウルトラレッド」「ステルスグレー」を追加するのに加えて、Model Y限定カラーとなる「クイックシルバー」が選択できます。

 また令和5年度補正予算CEV補助金では、「Model 3」のロングレンジAWDモデルでCEV補助金の最高額85万円が支給されます。

「Model 3」のRWD、「Model Y」のRWD、ロングレンジAWD、パフォーマンスについては、65万円の補助金が支給されます。

 さらにテスラでは、CEV補助金に合わせて、「Model 3」のRWD、「Model Y」のRWD、ロングレンジAWD、パフォーマンスについては、それぞれ20万円をテスラ独自にサポートします。