Sinn(ジン)の創立60周年モデル第二弾は、ブランドを代表する“103”シリーズの「103.KLASSIK12」(58万3000円、消費税込)。60年という歴史を感じさせるクラシカルな佇まいのパイロットクロノグラフには、限定モデルならではのこだわりが詰まっている。

103シリーズ初となる強固なセラミックス製のベゼルインサートを採用

「元西ドイツ空軍パイロットが立ち上げた時計ブランドというルーツを、しっかりと継承する歴史的、そして王道のパイロットウォッチ。味わいのあるレザーストラップも含め、創立60周年にふさわしい時計になっています」

 時計ジャーナリストの篠田哲生さんが“王道のパイロットウォッチ”と称するとおり、Sinnの“103”シリーズとは、高い精度と視認性を兼ね備えたブランド定番のパイロットウォッチ。実用性に基づいたシンプルなデザインが特徴で、素材や機能の違いなど様々なバリエーションが登場している。

 60周年限定モデルとなる今作は、ダイアルに配色されたアイボリーカラーや、ダークグリーンのワイルドボアレザーストラップなど、現行モデルの中でも一段とクラシカルな雰囲気に仕上がっている。ブランドが歩んできた60年の歴史を感じさせるデザインだ。

 また、ただクラシカルなだけではなく、現代的な技術も取り入れられており、103シリーズ初採用となるセラミックス製のベゼルインサートを搭載。この第二時間帯を表示するための、12時間スケールを備えた両方向回転ベゼルは、Sinn独自の特殊結合方式によってガッチリ取り付けられている。

 Sinnならではの除湿機構“Arドライテクノロジー”も搭載され、ムーブメントに使用されている潤滑オイルの劣化を抑え、時計の精度を保持。温度変化によるサファイアクリスタル風防の曇りも防止するなど、“ジン・テクノロジー”と名付けられた革新的な技術もしっかり取り入れられている。

●ダイアルのロゴも60周年限定モデルならではの特別仕様

 ダイアルに注目すると、「Sinn」のロゴの下に、ブランド創業以来の本拠地であり、この時計の生産地でもある「FRANKFURT AM MAIN(フランクフルト・アム・マイン)」の文字が。従来、フランクフルト・ファイナンシャル・ウォッチシリーズにのみ用いられてきた特別な表記を採用したのは、限定モデルならでは。

 シースルーのケースバックには、シリアルナンバーのほかに、「1961-2021」の年号と、ドイツ語で60周年を意味する「60 JAHRE」の文字を刻印。また、付け替え用のカウレザーストラップと、60周年のロゴをデザインした布製のパッチが付属する。

 伝統を感じさせるクラシックないで立ちと、現代の機能性を兼ね備えた、Sinnの60周年記念モデルは、世界限定600本の販売となっている。

●商品仕様
ケース径:41mm
ケース:ステンレススチール
風防:両面無反射サファイアクリスタル
ムーブメント:SW510
駆動時間:48時間
防水性能:20気圧防水