トライアンフが、今期限定生産となる新たなカスタムシリーズを発表しました。その第3弾モデルが、新型「Rocket 3 221 Edition」です。

221Nmの最大トルクに因んだ限定カスタム

 トライアンフは2021年11月9日、カスタムされたシリーズを求めるユーザーの声を反映した新たな限定車種、新型「Rocket 3 221 Edition」を発表した。

 価格(消費税込)は、「Rocket 3 GT 221 Edition」が291万円、「Rocket 3 R 221 Edition」は284万円で、今期のみの限定生産となる。

●「Rocket 3 221 Edition」とは?

 最大トルク221Nmという「Rocket3」のパフォーマンスを表現するためにデザインされたのが、新型221 Special Editionだ。「Rモデル」と「GTモデル」の両方にラインナップされている。

 最大の特徴は、レッドホッパーに塗られた燃料タンクの特別なペイントだろう。最大トルク221Nmを表す数字が大きく描かれている。この大胆でユニークな221ニーパッドグラフィックに加え、221Nmの最大トルク、2458ccエンジン、167psの最高出力、85.9mmストローク、110.2mmのボア径など、Rocketの並外れた数値がすべて、タンク上部にグラフィックとして表現されている。補足すると、フロントマッドガードもレッドホッパーにペイントされている。

 このほか、サファイアブラックのマッドガードブラケット、ヘッドライトボウル、フライスクリーン、サイドパネル、リアボディワーク、ラジエーターカウルに、美しくて独特な新しいペイントスキームが採用されている。

 これらのユニークな221 Editionのペイントスキームに加え、同スペシャルエディションモデルには、独特のツインヘッドライト、ひと際目を引く3連のスカルプテッドエキゾーストヘッダーパイプといった、Rocketを新しくモダンなモーターサイクルのアイコンに仕立て上げた重要な要素がすべて詰め込まれている。

 もちろんすべてのトライアンフのラインナップと同様、細部へのこだわりも持っており、例えば折りたたむとシームレスに溶け込む、目立たない折りたたみ式のフットレストもそのひとつだ。

ベースモデルの「Rocket 3」のパフォーマンスとは

 Rocket 3 RとGTに搭載される2458ccの3気筒エンジンは、世界最高の221Nm/4000rpmの最大トルクを提供するだけでなく、167ps/6000rpmという圧倒的な最高出力を発揮。いかなるギアでも一日中、気楽かつスリリングな走りを可能とし、レスポンスも滑らかだ。

類まれなツーリング性能を誇るトライアンフ新型「Rocket 3 GT 221 Edition」

 エンジンはスタイルと調和するように設計。独特のハイドロフォーミングで製造された3連エキゾーストヘッダーパイプによって、一際目立つ豊かなトリプルエンジンの轟音を放つように、緻密な計算が施されている。これに高性能6速ヘリカルカットギアボックスとトルクアシスト油圧クラッチを組み合わせ、非常に滑らかな操作性と洗練された乗り心地を実現した。

 サスペンションパッケージは、Showa製フルアジャスタブルピギーバックリザーバーRSUとShowa製47mm径カートリッジ式倒立フロントフォーク(コンプレッションおよびリバウント調整可能)だ。

 フロントには320mm径ダブルディスクを備えたBrembo製Stylema4ピストンラジアルモノブロックキャリパーを搭載。このキャリパーは軽量でコンパクトなデザインで、効率的な冷却のために空気の流れを最適化してくれるものである。リアには300mm径シングルディスク、Brembo製4ピストンモノブロックキャリパーが搭載された。

 鋳造アルミニウム製片持ち式スイングアームやマスの最適化が施されたアルミニウムフレーム、目立たない折りたたみ式のピリオンペグおよび内部配線でロードスタースタイルのハンドルバー(Rモデル)またはツーリングハンドルバー(GTモデル)など、革新的なデザインを随所に見ることができる。

 Rocket 3のために特別に開発されたホイールは、複雑な20本スポークデザインを特徴とした軽量の鋳造アルミニウムで、タイヤはAvon製Cobra Chromeを装着。これらは特別に開発され、並外れたグリップと長距離走行での耐久性を実現する組み合わせだ。

 また、シートはライダーへの高度なサポートを提供できるようデザインされている。調整可能なフットコントロールはRモデルでふたつ、GTモデルで3つの位置が設定可能で、シート高はRモデルで773mm、GTモデルで750mmと乗り降りのしやすい低めの設定となっている。

 ライダーは、アクセサリーのインフィルパッドでツインシートからシングルにセットアップを変更することも可能。さらに燃料タンクは18リッターもあり、長距離ツーリングでの航続距離においても心配はない。

●最新のテクノロジーとは

 Rocket 3 221 Editionには、コーナリングABSやコーナリングトラクションコントロールなど、ベースモデルに搭載されているすべての機能が標準装備される。ブレーキとトラクションコントロールを最適化するためにバンク角を計算し、バイクのロール、ピッチ、ヨー、加速率を測定する高度な慣性測定ユニットで制御される仕様だ。

 インストルメントディスプレイは、角度調整可能なフルカラーTFTディスプレイで、パーソナライズできるふたつのレイアウトテーマが設定可能だ。My Triumphコネクティビティシステムソフトウェアがセットアップ済みで、アクセサリーのBluetoothモジュールにも対応可能となっている。これにより、スイッチハウジングからGoPro、ターンバイターンナビゲーション、電話と音楽の操作が可能となり、すべてTFTディスプレイに表示される。

 ライディングモードは、ロード、レイン、スポーツ、およびライダー設定の4つが用意されており、ライダーの好みや走行状況に合わせてスロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定を調整。ライディングモードは走行中でも簡単に変更可能となっている。

 また、ツインLEDヘッドライトやテールライト、インジケーター、ナンバープレートライトなど、オールLEDライトを標準装備。さらにヘッドライトには路上での視認性を高めるために、特徴的な形状のLED DRLが装備されている(市場により異なる)。

 また標準装備として、ヒルホールドコントロール、クルーズコントロール、キーレスイグニッションとキーレスステアリングロック、およびシート下のUSB充電ソケットも搭載。さらに、GTモデルには、グリップヒーターも標準装備されている。