車両価格もパフォーマンスも、並の「911カレラ」を凌駕する「718ケイマン」が新たにラインナップされました。驚異の性能を紹介します。

最高のドライビングプレジャーを提供するミッドシップエンジンスポーツカー

 ポルシェは、「718」のラインナップに新しく加わる同モデルレンジのトップモデル、「718ケイマンGT4 RS」の予約受注を、2021年11月17日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始した。価格(消費税込)は1843万円で、左右ハンドルから選択可能となる。

●「718ケイマンGT4 RS」の驚異的な走行性能とは

 718ケイマンGT4 RSは、軽量で俊敏なシャシと最新のエアロダイナミクス、そして独自のサウンドに妥協することなく開発されたドライバーズカーである。

 車体中央に配置される高回転型エンジンが発生する500ps(368kW)の出力と1415kgの車両重量が生み出すハーモニーは、「ドライビングプレジャー」という言葉を再定義し、狭く曲がりくねった山道やクローズドサーキットにおけるコンパクトミッドシップモデルの王者といえる性能を発揮する。

 事実、この車両はニュルブルクリンクのノルドシュライフェにおいて、「718ケイマンGT4」のラップタイムを23秒以上短縮することに成功した。

 レーシングカーの「911 GT3カップ」や市販車の「911 GT3」でおなじみの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高回転数は9000rpmに達するという。

 これは、718ケイマンGT4の出力を80ps(59kW)上回る数字である。718ケイマンGT4 RSのパワーウエイトレシオは2.83kg/psで、最大トルクは430Nmから450Nmに増加された。

 また、注目すべき装備としては、運転席側および助手席側ウインドウの後方にあるプロセスエアインテークが挙げられる。この新しいエアインテークは、吸気の流れを改善しながら乗員の耳のすぐ横でスリリングなインテークサウンドを生み出すものである。さらに、リアホイール前部の特徴的なエアインテークも引き続き搭載されており、エンジンの冷却に使用されることになる。

 718 GT4 RSのトランスミッションは、最新のRSモデルと同様にポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)のみを装備。PDKは7速のギアを超高速でシフトし、手動でギアを変更する場合も、パドルシフトによってステアリングホイールに手を置いたまま操作することができる。センターコンソールのセレクターレバーを使用することも可能だ。

 さらに同モデルは、わずか3.4秒(GT4のPDK仕様車:3.9秒)で静止状態から100km/hまで加速し、7速で315km/h(GT4のPDK仕様車:302km/h)の最高速度に達するという。

レーシングカーさながらのデザインの秘密とは

 718ケイマンGT4 RSの車両重量(DIN規格に準拠、乗員なし、燃料満タン)は、718ケイマンGT4のPDK仕様車より35kg軽量で、わずか1415kgとなっている。

「718 ケイマン GT4 RS クラブスポーツ」(左)と「718 ケイマン GT4 RS」(右)

●「718ケイマンGT4 RS」のデザインポイントは軽量化

 ボンネットやフロントフェンダーなどのコンポーネントに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用することで、軽量化を実現。さらに断熱材の量を削減し、軽量カーペットを採用することで軽量化に寄与。リアウインドウは軽量ガラス製が採用された。

 ナイロン製のドアオープナーとネットを用いた収納コンパートメントを備える軽量ドアパネルにも、あらゆる余分な重量を減らすための探求を垣間見ることができる。

 新しい固定式リアウイングのスワンネック式アタッチメントや、アルミニウム製ウイングサポートは、エクステリアデザインの特徴的なエレメントだ。WECやIMSAで活躍するGTレーシングカー、「911 RSR」と同じ形状のウイングは、「911 GT3」によってポルシェ市販車に最初に採用されたものである。

 718ケイマンに比べて30mm低い車高や、フロントホイールアーチの目立つベント、リアディフューザーをつなぎ、空力的に最適化されたアンダーボディパネル、マルチ調節式フロントディフューザー、および新しいフローアラウンドサイドブレード付フロントスポイラーリップを組み合わせたGT4 RSは、サーキット専用のパフォーマンスモードを使用すると、GT4よりも約25%大きなダウンフォースを発生すると説明されている。

※ ※ ※

 718ケイマンGT4と比較してもかなり多くの箇所が強化されたGT4 RSは、718ファミリーのなかでもっとも先鋭的なモデルである。これは、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェにおいて、ポルシェブランドアンバサダーのイェルク・ベルクマイスターが、最終段階のセットアップ調整で、20.832kmのコースを7分9秒300で周回したことでも明らかだ。

 さらに、以前ベンチマークとして使用されていた20.6kmのショートバージョンのコースでは、718ケイマンGT4を23.6秒上回る7分4秒511で周回する実力を見せている。