アウディBEVのフラッグシップである「RS e-tronGT」を試乗しました。ポルシェ「タイカン」と同じ「J1プラットフォーム」を使い基本構成が同じRS e-tronGTの乗り味は、タイカンと違うのでしょうか。

「タイカン」と同じプラットフォームを使った「RS e-tronGT」

 アウディのBEVフラッグシップとなる「RS e-tronGT」に、都内で試乗することができた。e-tronGTは、「J1」プラットフォームを採用していて、四輪を駆動する前後のふたつの強力なモーター、前後タイヤ間のフロア下の搭載した33個のバッテリーモジュールを使用した800Vシステムなど、同じVWグループのポルシェ「タイカン」と基本構成が同じということをご存知の方も多いと思う。

 電動車はどれに乗っても同じ味、という話はよく聞くけれども、やっぱりメーカーが違えば最終的な仕上がりに違いがでてくるはず。羽田空港を起点とした試乗会に参加し、約1年前に乗ったタイカンを思い出しながら都内を走ってみた。

●サイズはタイカンと同じだけれど

 RS e-tronGTのボディサイズは、全長4990mm、全幅1965mm、全高1395mm。タイカンより27mm長く、1mm狭く、16mm高く、2900mmのホイールベースは共通というそのスタイルは、相当に低くてワイド。

 タイカンが、ポルシェ車らしい左右の盛り上がったフェンダーなど、「911」を想起させるデザインを取り入れているのに対して、こちらは「RS7スポーツバック」をシェイプアップしたようなデザインになっていて、それぞれの個性がはっきりと具現化されている。

 鮮やかなレッドの試乗車のフロント部は、アウディの象徴となるシングルフレームグリル全体がブラックに塗装されていて、まるでマスクをかけているようなデザインに。フォーリングスもブラックに塗装されている。

 ボディサイドは、往年のクワトロレーシングモデルを彷彿させる大きなブリスターフェンダーによって幅広感をさらに強調し、空気抵抗を考慮したデザインの21インチホイールが特別なBEVモデルであることを主張している。これに取り付けられるグッドイヤー製のイーグルF1タイヤには、電気自動車用の「ELECTRIC DRIVE TECNOLOGY」の文字が刻印されている。リアにもブラックのフォーリングスとRS、e-tronのロゴが取り付けられている。

 ドライバーを包み込むようなモノポストデザインを採用したインテリアは、ブラックのスポーツレザーシートにレッドのステッチがハニカム状に入っていて、スポーティな雰囲気だ。後席の足元は、バッテリーの搭載方法を工夫した“フットガレージ”と呼ぶ一段低い床面を実現していて、低いルーフでも余裕で座ることができる十分な居住性を確保している。フロント81リッターと、リア350リッターのラゲッジスペースは、タイカンと変わらない。

 操作面で異なっているのは、液晶パネルによる動作に重点を置いたタイカンに対して、RS e-tronGTは物理スイッチの数が多い点で、従来車から乗り換えた時の違和感はこちらの方が少ない。

運転して分かった「タイカン」との違いとは

 パワートレインは、フロント175kW(238ps)、リア335kW(455ps)を発生する2基の永久磁石同期式モーターによる4WDのクワトロ方式のもの。システム最高出力はオーバーブースト時で475kW(646ps)/830Nm、通常時で440kW(598ps)。リアアクスルには、強力な加速をもたらすローと、巡航時に使用するハイの2段の自動変速トランスミッションを搭載しているのはタイカンと同じだ。

アウディの電気自動車のフラッグシップである「RS e-tronGT」

●オーバーブーストで646馬力を発生

 GT(グランドツーリング)の名を冠しながらも、そのパフォーマンスは、0-100km/hが3.3秒、最高速度260km/hというスーパーカー的な数字を実現している。タイカンの性能に当てはめると、「ターボ」と「4S」の中間ぐらいになるのだろう。

 33個のモジュールからなる総電力量93kWhの800Vシステムによる航続距離は、東京から神戸の先まで一気に行くことができる534km。タイカン同様に、フロントフェンダー右側に最大8kWの普通充電、左側に最大150kWの急速充電用ポートを設けている。アウディ・ジャパンによると、電動化モデルに対応するe-tron店を全国で102店舗まで拡大し、そこでは150kWの急速充電器の設置を随時導入中とのことだ。

 スタートボタンを押してシステムを始動させると、室内にはすぐに低い音量の「グォン、グォン」という、デジタルのe-tronスポーツサウンドが絶えず聞こえ始める。その音色は、アウディの開発者が色々と試した中でベストだと判断したもので、タイカンよりもわずかながら控えめ。コンソールのスライド式シフトでDに入れて動き始めると、アクセルを踏むと「グーンンッ」と一定に、ペダルを離すと「ウォンウォンウォン」と波打つように音質が変化する。

 走りについては、アクセルを床まで踏み込むと、ヘッドレストに頭がめり込むようなとんでもない加速を見せてくれるのは、皆さんのご想像のとおり。0-100km/h加速タイムが同じ3.3秒だったとしても、エンジン車がシリンダーの回転数に伴って車速が伸びていくのに対し、強力なBEVは0km/hからすぐに最大加速体制に入るので、体に伝わるGの感覚が全く異なるのだ。

 その一方で、通常の一般道の流れにまかせるような微低速域でも車速のコントロールがしやすく、普通のクルマとして扱いやすい点が強く印象に残った。

 ステアリングには、タイカンにはなかったパドルが装着されていて、回生ブレーキの効き具合を調整できる。ただしそれはワンペダルのような強いものではなく、緩め。ブレーキをきちんと踏んで減速する、というのはドイツメーカーのポリシーなのかも。それでも最大90%を回生エネルギーとして回収しているので、前走車との車間距離をうまく取ることができるし、カックンブレーキにならずによく止まる。

 スポーツカー然とした佇まいとシャープ走りを見せてくれたタイカンに対して、4ドアクーペのグランドツーリングカーを目指したRS e-tronGTは高品質でまとまりがあり、実用性が高いというアウディらしさに溢れていたのだ。

●AUDI RS e-tron GT
アウディRS e-tron GT
・車両価格(消費税込):1799万円
・全長:4990mm
・全幅:1965mm
・全高:1395mm
・ホイールベース:2900mm
・車両重量:2320kg
・駆動方式:四輪駆動
・変速機:フロント1速/リア2速
・最高出力:475kW
・最大トルク:830Nm
・0-100km/h:3.3秒
・最高速度:260km/h
・1充電走行距離(WLTC):534km
・ラゲッジ容量:350L
・駆動用バッテリー:リチウム・イオン電池
・総電力量:93.4kWh
・サスペンション:(前)ウィッシュボーン式、(後)ウィッシュボーン式
・ブレーキ:(前)ディスク、(後)ディスク
・タイヤ:(前)245/45R20、(後)285/40R20
・ホイール:(前)7.5Jx18、(後)8.5Jx18