日本百名山の山頂で、挽たて淹れたてのコーヒーを味わう。ただそれだけのために山に登る。第2回目は、ドライブとセットで登る天城山です。

日本百名山の73番目の「天城山」で山の珈琲を淹れてみました

 日本百名山「山の珈琲」は初回の「谷川岳」で早くも試練を受けることになったので、その反省も含めてもっと初級者でも楽なルートにしようと選んだのが「天城山」。伊豆半島は隈なくクルマで走ったことのある土地勘のある地。しかもミニベロ「BD−1」で半島一周した経験もあるので、アップダウンの感覚も熟知しているつもり。ドライブついでのハイキングとして選んだのでした。

 午前3時45分に自宅のある横浜を出立し、まだ渋滞前の東名高速道路で厚木ICまで。そこからは小田原厚木道路で西へ進み、箱根新道を上って箱根峠まで。これで伊豆半島の付け根まで到着。そこから熱海箱根峠線で南下、熱海峠料金所から天城高原料金所まで、伊豆スカイライン全線を走破し、遠笠山富戸線で天城高原ゴルフコースまでというルートだ。

 深田久弥は『日本百名山』の天城山の章で、自動車専用道路が完成して天城山がマイカー族に侵食されていることを嘆いていたけれど、それは昭和30年代の話。初版が1964年なので、ちょうど伊豆スカイラインが熱海峠から天城高原まで開通した年と重なる。きっと伊豆スカイラインのことを指していたのだろう。しかしそのおかげで南伊豆の下田までの日帰りドライブも当たり前になった。

 この日の山行のパートナーは、フィアット「500Xクロス」。可愛らしい「500(チンクエチェント)」の姿をした小さなクロスオーバー、と紹介したらよいだろうか。

 まだ陽が昇る前に熱海峠料金所に到着。トイレも新しくなっているので、ここで小休止しつつ、日の出時刻まで時間調整をすることにした。ちなみに、伊豆スカイラインは夜22時から朝6時まではゲートは無人になり、料金はかからない。この日は6時前に熱海峠から伊豆スカイラインに入ったけれども、天城高原料金所できちんと全線の料金1000円を支払った。

 伊豆スカイラインはアップダウンと連続するコーナー、そして何より見晴らしの良いルートなので、これまでも数々のスーパーカー&スポーツカーで試乗しているホームグラウンドでありテストコースでもある。

●伊豆スカイラインから天城山の縦走が始まっている

 フィアット500Xクロスは、最高出力151ps・最大トルク270Nm、車両重量は1440kgなので、ワイディングはそれほど気持ちよく走らないだろうと侮っていたけれど、そこはイタリアのクルマ。パドルでシフトチェンジしつつ、常にエンジン回転数を美味しいところでキープしながらのドライブが楽しい。

 ワインディングロードの楽しみは、いかに速く走るかではなくて、いかにクルマとドライバーが一体となってコーナーをクリアしていくのかという点が大切だ(そもそも法定速度というのがあるので、気持ちよく走るために速度超過してはいけないことは前提の上で)。

 たとえば、ランボルギーニ「アヴェンタドールS」だと、亀石峠までで十分という気持ちになって引き返したが(個人的に四輪操舵は超ニガテ)、「ウラカン ペルフォルマンテ」だと天城高原まで走ってなお、その先の南伊豆までドライブしてしまったほどワインディングを走るのが楽しいクルマだった。

 500Xクロスの楽しさは、ペルフォルマンテとは違う楽しさだ。アクセルペダルを踏みさえすれば、どこからでも望む加速が得られる代わり、その凶暴なパワーを御するというヒリヒリするようなスリルがペルフォルマンテにはある。一方の500Xクロスはエンジンのもっとも美味しいところを引き出すために、ギアとペダル操作に集中してドライブする楽しさがある。

万三郎岳で淹れた山の珈琲でリフレッシュ。天城山のシャクナゲコースは日帰りコースとしてほどよい距離だ

 そんな500Xクロスを積極的にパドルで操作して、目星をつけていたポイントまで駆ける。伊豆スカイラインは富士山が美しく見えるポイントがいくつかあって、早朝の時間には富士山を撮影している人がちらほら。500Xクロスと富士山をカメラの画角に収めながら気持ちよく伊豆半島を南下していく。

 亀石峠から先には見晴らしの良い景色はないので、むしろドライブに全集中。登山者にとっては陽が昇ってしまうと出遅れた感が拭えないが、一般の観光客にとってはまだまだ早い時刻。前を走るクルマもなく(さらにいえば背後から迫ってくるクルマもなく)、自分と500Xクロスのペースで天城高原駐車場(ハイカー専用)までの濃密な時間を過ごすことができた。

天城山から遠くの富士山を眺めながらコーヒーを味わってみました

 7時頃に天城高原駐車場(ハイカー専用)に到着すると、トイレのある手前の駐車場には数台のクルマがすでに停まっていたけれども、一段下がった奥の駐車場には1台も停まっていなかった。広く使えるこちらの駐車場に500Xクロスを停めて、用意していた朝食を済ませ、いざ出立。駐車場を出たのはちょうど8時だった。

万三郎岳の三角点を示す標柱で山の珈琲を淹れる

 今回のルートは「シャクナゲコース」と呼ばれる8kmちょっとの周回コース。登山口の標高が1045m、目指す万三郎岳が1406mなので標高差361m。「山の珈琲」を満喫するにはちょうどよいお手軽なコースだ。

 登山口から整備された登山道を少し行くと、まさにゴルフ場の脇を歩いていることが分かる。そういえば、万二郎岳から万三郎岳に向かう途中の「馬の背」あたりからの眺めもゴルフ場だった。深田久弥だったら、天城山がゴルフ場に蚕食されているさまを嘆いていたことだろう。

 しかし見晴らしは良くない代わりに、歩いているうちに次々に植生や足場が変化するので、実に楽しい。「アセビのトンネル」あたりは、樹木の種類こそ違えど英国の児童物語に登場してきそうで、トンネルの先に別世界が待っているようでワクワクさせられる。

 万三郎岳には10時40分に到着。山頂は樹々に覆われていて、まったく見晴らしは良くない。山頂というより森の中という感じだが、それはそれでいいと思う。

●日本一つながりで選んだコーヒー豆

 今回のコーヒー豆は、炭火焙煎オーガニックコロンビア豆100%の天馬珈琲。天城と「天」の一字が同じだったという、ただそれだけの理由でお取り寄せしてしまった。「日本一の焙煎士監修」というキャッチも背中を押した、と思う。日本一の山、富士山を眺めながら飲むのも悪くないな、と。

 今回は手間を省くという理由と、荷物を軽量化する必要性がなかったため、手軽なCB缶のストーブで湯を沸かす。ミルで豆を挽き終わる頃にちょうど湯も沸いた。頭上は青空が広がっており、木洩れ陽の下、三角点の標柱の上でドリップ。

 加藤文太郎の『単独行』のなかで──どこの山頂かは忘れたが──三角点の標柱を探す場面があった。いま、この写真映えしない三角点を示す標柱は登山者からは顧みられることはほぼない。そのかわり、山の名前と標高が書かれた分かりやすい巨大な標柱や看板の前には列ができる。

 万三郎岳頂上にはすでに登山者が何組もいて、ベンチや平らな場所はすべて先客にキープされている状態。

 ということで、由緒正しい三角点には失礼を承知の上で、標柱の上でコーヒーをドリップさせてもらった。これぞ本当の山頂で淹れるコーヒー(もっとも三角点があるところがすべて最高地点でもないのだが)。

 石でできた標柱の上は水平なため、安定してコーヒーをドリップ。穏やかな冬の昼下がり。のんびりと口にしたコーヒーは、酸味は強くなく苦味とコクが際立っていて、リフレッシュにもってこいの一杯。ガスっていなければ、遠くの富士山を眺めながらコーヒーを楽しむことができる。

 下山開始は12時6分。等高線に沿って歩くルートは、苔むした岩があったりハシゴがあったりと、これまた変化に富んでいて楽しい。駐車場には14時15分に到着。トイレ前には洗い場もあるので、登山靴の泥を落としてスニーカーに履き替える。

この日のベスト眺望。馬の背あたりから遠くの海が見渡せた

 帰路は同じく伊豆スカイライン全線を北上し、箱根ターンパイクから小田原厚木道路に抜けて東名高速というルートを選択した。走り慣れたコースだけれども、500Xクロスのドライバーズシートに座った瞬間、ワクワクしていることに気がついた。実際、帰路の方がペースは速かったくらいだ。

 もしこの日のクルマがミニバンだったらと思うと、ちょっとゾッとする。楽しいはずのワインディングロードが、単なる移動、下山した後ならもはや苦行と化してしまうからだ。荷物も楽に積めて、冬場は万が一の際に心強い4WD。それでいてワインディングもしっかり楽しめるなんて、500Xクロスはトレッキング愛好家にはもってこいだと思う。

* * *

 天城山での教訓。登山口までのドライブもすでに山行の一部。富士山を眺めながら、しかもワインディングの走りを楽しめるクルマで行くことをおすすめします。500Xクロスは正解でした。