ランドローバーのフラッグシップである新型「レンジローバー」が日本でお披露目されました。元祖高級SUVであるレンジローバーの日本導入モデルと車両価格をすべてお教えします。

新型「レンジローバー」の日本での車両価格が明らかになりました

 新型「レンジローバー」は、2021年11月1日から12月19日までの期間限定で70台限定の特別仕様車「レンジローバー ローンチエディション」の受注を受け付けていたが、ようやく2022年1月17日から正式な受注がスタートした。

 ローンチエディションでは、4.4リッターV8ツインスクロールターボエンジン(最高出力530ps・最大トルク750Nm)を搭載したショートホイールベース(SWB)とロングホイールベース(LWB)のみであったが、カタログモデルとなるグレードと車両価格をお伝えしよう。

 新型レンジローバーは、完全新設計のアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を採用。この「MLA-Flex」は内燃エンジン(ICE)、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)、フルバッテリー電気自動車(BEV)など、あらゆるパワートレインに対応できるよう設計されており、日本に導入される新型レンジローバーは、ICEとPHEVの2タイプが用意されている。

●パワートレインは3種類

 まず、ICEのパワートレインから紹介しよう。ディーゼルとガソリンの2種類が用意されており、車両価格的にもエントリーモデルとなるディーゼルは、3.0リッター直列6気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル・エンジン(MHEV)が搭載される「D300」がラインナップ。最高出力は300ps、最大トルクは650Nmである。

 ガソリンは、4.4リッターV型8気筒ツインスクロールターボチャージド・ガソリン・エンジンの「P530」がラインナップされ、最高出力530ps、最大トルク750Nmを誇る。

 一方のPHEVは、3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリン・エンジンと105kWの電動モーターが組み合わせられ、最高出力440ps・最大トルク620Nmの「P440e」と最高出力510ps・最大トルク700Nmの「P510e」の出力違いで2タイプがラインナップされる。

 PHEVモデルのEVでの最大航続距離は100km(WLTP値、実航続距離は最大80km)で、一般的なレンジローバーユーザーの1回の走行距離の75%までをフル電動の「EV」モードだけで走行できるとされている。

 これにまだ投入予定とのことであるが、2024年にはランドローバー初となるフルバッテリー電気自動車(BEV)がラインナップされることになっている。

●ボディタイプはふたつ

 ボディタイプはSWBと、ホイールベースを200mm伸長させたLWBの2種類となっているが、D300とP510eはSWBのみしか選択することができない。

 シートレイアウトは4人乗りと5人乗りに加えて、レンジローバー初となる3列7人乗りも選択可能。ただし、4シートは「SV」のSWBのみ、7シートはP530のLWBのみに設定されている。

新型「レンジローバー」の車両価格は?

 新型レンジローバーには、ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)の技術者が開発・設計を手掛け、ラグジュアリーとパーソナライゼーションを極めた「レンジローバーSV」が新たに加えられた。

「SV」専用のデザインディテールやオプションが用意され、ツートンカラーになったシートや、セラミック素材を初採用。ふたつのデザインテーマ「SV SERENITY(エスブイ セレニティ)」と「SV INTREPID(エスブイ イントレピッド)」が用意され、4人乗りの「SVシグネチャースイート」も設定されている。

ウェスティンホテル東京でお披露目された新型「レンジローバー」

 新型レンジローバーのボディカラーは、全28色。新色として、「バトゥミゴールド」、「サンセットゴールド」、「アイシーホワイト」が加えられた。

●ディーゼル、ガソリン、PHEVよりどりみどり

 新型レンジローバーのラインナップと車両価格(消費税込)は、次のとおりだ。

●3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
・SE D300(SWB):1638万円
・HSE D300(SWB):1753万円
・AUTOBIOGRAPHY D300(SWB):1972万円

●PHEV
・SE P440e(SWB):1710万円
・SE P440e(LWB):1764万円
・HSE P440e(SWB):1824万円
・HSE P440e(LWB):1879万円
・AUTOBIOGRAPHY P440e(SWB):2040万円
・AUTOBIOGRAPHY P440e(LWB):2061万円
・FIRST EDITION P440e(SWB):2127万円
・FIRST EDITION P440e(LWB):2103万円

●PHEV
・SE P510e(SWB):1835万円
・HSE P510e(SWB):1949万円
・AUTOBIOGRAPHY P510e(SWB):2155万円
・FIRST EDITION P510e(SWB):2188万円
・SV P510e(SWB):2477万円

●4.4リッターV型8気筒ツインスクロール・ターボチャージド・ガソリン・エンジン
・SE P530(SWB):1830万円
・SE P530(LWB):1871万円
・SE P530(LWB/7シート):1893万円
・HSE P530(SWB):1945万円
・HSE P530(LWB):1986万円
・HSE P530(LWB/7シート):2006万円
・AUTOBIOGRAPHY P530(SWB):2163万円
・AUTOBIOGRAPHY P530(LWB):2195万円
・AUTOBIOGRAPHY P530(LWB/7シート):2159万円
・FIRST EDITION P530(SWB):2240万円
・FIRST EDITION P530(LWB):2272万円
・SV P530(SWB):2493万円
・SV P530(LWB):2775万円

* * *

 さて、どのモデルが新型レンジローバーのベストバイか。2024年登場のフルバッテリーのBEVモデルを待つという手もあるが、4.4リッターV型8気筒のサウンドを今のうちに味わい尽くすというのがベストであると思うのだが、いかがだろうか。