ドイツ車のナショナルカラーといばシルバーですが、内外装のディテールをそのシルバー系で統一したポルシェ「カイエンプラチナエディション」がラインナップされました。そのディテールと装備を紹介します。

クールな印象の「プラチナエディション」のカイエンとは

 ポルシェ「カイエン」に、欲しい装備が標準装備されてバリューあるプライスとなった「カイエンプラチナエディション」がラインナップされた。ネーミングとなったプラチナは、サテンプラチナ塗装仕上げのデザインエレメントが随所に配置されたことに由来している。

 今回のプラチナエディションは、「カイエン」、「カイエンE-ハイブリッド」、「カイエンS」、およびそれぞれのクーペバージョンで設定される。それでは、ディテールを見てみよう。

●サテンプラチナのディテールとは

 最大の特徴となるのは、サテンプラチナ塗装仕上げの専用ディテールである。このカラーで塗装されるのは、フロントのエアインテークスラットのインレー、LEDリアライトストリップに統合された“Porsche”ロゴ、リアのモデル ロゴ、そしてプラチナエディション専用21インチ「RSスパイダーデザイン」ホイールとなり、全体的に統一された印象となる。

 これに、スポーツテールパイプとサイドウインドウトリムをブラック仕上げとすることにより、スポーティ感が増している。

 カイエンプラチナエディションに用意されるボディカラーは、ソリッドカラーの「ホワイト」と「ブラック」に、メタリックカラーの「ジェットブラック」、「キャララホワイト」、「マホガニー」、「ムーンライトブルー」、そしてスペシャルカラーとなる「クレヨン」だ。

 ドアを開けてまず目に入るのは、“Platinum Edition”のロゴが入ったブラッシュアルミニウムのドアエントリーガードだ。

 そして、全体的にブラックで統一されたインテリアは、テクスチャード加工のアルミニウムインテリアパッケージやシルバーカラーのトリム、クレヨンのシートベルトなどによって、サテンプラチナ塗装されたエクステリアと呼応した色味となり、品の良いモノトーンの落ち着いた空間に仕上がっている。

 この内装のコーディネートならば、飽きが来ることもなく、用意されたどのボディカラーともマッチングがいいだろう。

バリューある「プラチナエディション」の値段とは

 カイエンプラチナエディションが魅力あるプライスであるのは、オーナーならば欲しいと思う装備が予めセットされた上での車両価格だからだ。

プラチナエディションは、「カイエン」、「カイエンE-ハイブリッド」、「カイエンS」、およびそれぞれのクーペバージョンで設定される

●欲しい装備がすべて備わっている

 標準装備されるのは、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を組み込んだLEDヘッドライト、パノラミックルーフシステム、プライバシーガラス、Boseサラウンドサウンドシステム、アンビエントライト、8wayレザースポーツシート、フロントおよびリアヘッドレストのポルシェクレスト、ダッシュボードのアナログ時計などだ。

 このスタイリッシュなエクステリアをまとったプラチナエディションは、2022年1月17日から予約受注が開始されており、車両価格(消費税込)は次のとおりである。

・カイエンプラチナエディション:1233万円
・カイエンクーペプラチナエディション:1259万円
・カイエンSプラチナエディション:1564万円
・カイエンSクーペプラチナエディション:1572万円
・カイエンE-ハイブリッドプラチナエディション:1417万円
・カイエンE-ハイブリッドクーペプラチナエディション:1406万円

 ちなみに、すべて右ハンドルでトランスミッションは8速Tip−Sとなる。