世界限定15台の「ノビテックF8 Nラルゴ」のカッコよさは、日本でも認められたようです。

およそ1億円のカスタムフェラーリとは

 2022年1月14日から開催された東京オートサロン2022の「東京国際カスタムカーコンテスト2022インポートカー部門」で、「ノビテックF8 Nラルゴ」が最優秀賞を受賞した。

 VAGUEではすでにノビテックF8 Nラルゴの詳細についてはお伝えしているが、日本での車両価格も明らかになったので、改めて紹介しよう。

 ノビテックの「Nラルゴ」という新しいレーベルは、ノビテックが世界でもっとも高級なスポーツカー向けの限定ワイドバージョンを製作することを目標としている。

 フェラーリ「F8トリブート」をベースとした「ノビテックF8 Nラルゴ」は、2021年夏に発表された最新モデルで、世界限定15台。その内の1台のみが日本割当となる。販売価格は9980万円だ。

●818馬力のモンスター

 ボディデザインはこれまでもノビテックと見事なコラボレーションを実現している、ヴィットリオ・シュトロゼックが担当。フロントは、片側のフェンダーで35mm、トータルでは70mmもワイド化。リアフェンダーはオリジナルのF8トリブートと比較して130mm広くなった。

 見た目だけのエアロパーツではなく、風洞実験を経て完成されている点にも注目したい。

 リアミッドに搭載されるツインターボの3.9リッターV型8気筒エンジンは、ノーマルの720psから818psにまでパワーアップされており、0-100km/h加速2.6秒を実現。最高速こそ340km/hとノーマルと変わらないが、これはリミッターの作動によるものだろう。

 フロントに21インチ、リアに22インチが装着されるホイールは、米国Vossen社と共同開発された鍛造アルミニウムホイールの「ノビテック・NF10NL」だ。また、ノビテック製のサスペンションキットには、フロントリフターも備わっており、少々の段差などでもフロントをする心配はない。

 今回の受賞で注目が集まったことで、ノビテックF8 Nラルゴの価値がさらに高まったことは間違いないだろう。