スーパーカーオーナーの注目が集まっているバイク「Z900RSカフェレーサー」とは、どのようなコンセプトのカスタムがなされているのでしょうか。

スーパーカーとバイクのカッコ良すぎる競演

 東京オートサロン2022では、世界最大級のカスタムカーの祭典の名に恥ずかしくない華やかなスーパーカーが勢揃いした。

 新旧様々なスーパーカーが展示されていた東ホールのインポートエリアで我々が注目したのは、関東のスーパーカーチーム「A-TEAM」の名でも有名な「Anija」のブースだった。

●カスタムカー好きに贈るバイク

 Anijaといえば、毎年、あっと驚かせてくれる意欲的なカスタムマシンを登場させることで有名なスーパーショップである。今回も、より過激なルックスと、光り輝くボディラッピングを施して仕上げた「アヴェンタドール・ロードスター」の展示が目を引いた。

 だが改めて話を聞いてみると、今回の目玉はアヴェンタドール・ロードスターではなく、新たな試みとして挑んだカフェレーサースタイルのカスタムバイクと、分かる人にだけ分かるマクラーレン「P1」とのコラボレーションということであった。

 Anijaは毎年、乗り物好きのハートを掴み、ワクワクさせてくれるマシンを披露してきた。展示されていたバイクとスーパーカーは、そんな乗り物好き、カスタム好きの興味の対象をより広げてくれるモデルであったのかも知れない。ではまず、バイクから見ていこう。

 ブース中央に展示されていたバイクはかなり特殊であることがわかる。ベース車はカワサキ「Z900RS」。展示されていた2台は、それぞれ違ったリメイクを施し、アプローチの仕方が違っている点が面白い。

 往年のカワサキを象徴するライムグリーンにオールペンしたZ900RSは、セパハンバックステップの走り屋テイスト、いわゆるカフェスタイルとして専用のフルカウルを装着している。

 もう1台はカワサキ「Z1」の人気カラーであるタイガーカラーを選択。ビキニカウルを装着させて、どことなく昭和レトロな雰囲気を持つスポーツバイクとして完成させた。

 オートサロン会場でも注目を集めていた2台のZ900RSカフェレーサー。このバイクを作ったのは、2輪部門においてAnijaとタッグを組んで新ブランドを展開する兵庫県のジョーカーズ・ジャパンだ。

 ジョーカーズ・ジャパンは、「温故知新」をモットーにして製品作りをおこなっている。温故知新とは、過去の事実を研究しそこから新しい知識や見解を切り拓くこと。

 ジョーカーズ・ジャパンは、その言葉に習い、現代の技術にプラスして、熟練の職人技でクオリティの高い製品を生み出している。その第一弾というべきマシンが、Anijaブースに展示していたZ900RSカフェレーサーだったというわけだ。

新作ホイールを履いた2億円のスーパーカーの正体は?

 一方、スーパーカーのメインになるマクラーレンP1については、知っている方も多いと思う。このマシンは、世界限定375台のみ生産された希少車である。

 発売当時は、「ラ フェラーリ」やポルシェ「918スパイダー」と並んで、最新のハイブリッドシステムを搭載する新時代のスーパーカーとして話題になった。

Anija新作のホイールを装着したマクラーレン「P1」

●2億円のマクラーレン「P1」

 生産は2015年モデルまでで、その後、アルティメットシリーズの後継モデルとなるマクラーレン「セナ」が登場するが、実はP1の方が中古車市場においての評価が高く人気。その希少性からオークションでの落札価格も高騰し続けているという状況だ。

 AnijaがこのマクラーレンP1にかけた購入費用は果たしていくらだったのか少し気になったのでたずねてみると、海外オークションを利用して2億円に達したということ。

 展示されていたP1は、エッジの効いたシャープなスポークが特徴のAnija新作のホイールぐらいしか変更されていなかったようだが、今後どのようにカスタムされるのか気になるところだ。

* * *

 東京オートサロン2022でも新たな話題作りに挑戦したAnija。スーパーカーオーナーの間でも、今回展示していたZ900RSカフェレーサーは好評で購入者が増えているという。やはり、カッコ良いマシンは、2輪4輪関係なく、乗り物好きの心を動かすということなのだろう。