クラシック・ランボルギーニでも「ミウラ」や「カウンタック」は別格級に高値になっています。しかし、コレクションするならぜひとも押さえておきたいのが、「350GT/400GT」です。果たして現在の市場価格は?

ランボルギーニのオリジンであるクルマはいまが狙い目か!?

 ランボルギーニ初のプロダクション・モデルは、1964年のジュネーブ・ショーで発表された「350GT」だった。その前年の1963年、ランボルギーニはトリノ・ショーでプロトタイプの「350GTV」を発表していたのだが、社長であるフェルッチオ・ランボルギーニにとって、ボディデザインのディテールや、何よりレーシングカーの如き高回転型エンジンの特性は彼が求めていたものではなかった。ランボルギーニは速く、そして高級でラグジュアリーなGT(グランツーリスモ)を生産したかったのだ。

●フェルッチオが本当に作りたかったクルマ

 それから約1年を経て誕生した350GTは、フェルッチオが350GTVに対して抱いた不満を、ほぼ解消したモデルにほかならなかった。

 カロッツェリア・トゥーリングの手によるボディは、より水平なルーフラインを持ち、それによってキャビンの開放感を演出。ホイールベースも100mm延長されているので、実際の実用性も高まっただろう。

 だがフェルッチオは、この350GTも1966年のジュネーブ・ショーで早々にマイナーチェンジ。「400GT 2+2」と呼ばれるニューモデルを市場へと投入したのである。

 この400GT 2+2の最大の特徴は車名が物語っているように、搭載されるエンジンがそれまでの3.5リッターから4リッターに拡大され、さらに実用域でトルクフルなキャラクターを持つようになったことにある。

 参考までにその最高出力は320psと、350GT時代から50psのパワーアップを果たしており、ホイールベースはそのままに、全長を140mm延長することで待望の+2シートも装着できるようになった。

 ちなみに350GTではリアシートは装備されないか、もしくは1個の選択だった。

 またヘッドライトが丸型4灯式となったのも、400GT 2+2の特徴だ。生産初年の1966年には、400GT 2+2は97台が生産されたが、それは同年に生産された350GTの約2倍であり、中には400GT 2+2と350GTの両方の特徴を併せ持つモデルも存在し、コレクターズアイテムとなっている。

フロントエンジンのクラシックランボに下された評価は?

 オークション出品車の400GT 2+2は、1966年9月12日にアメリカのカリフォルニア州ビバリーヒルズにある、エステス・ジッパー・モーター・カンパニーに引き渡され、ここから最初のオーナーであるボブ・エステス氏に販売された記録が残っている。

 さらに1969年には同じカリフォルニア州のR・マーシャル・ジェルダークス博士に売却されるが、1992年にドイツで開催されたオークションに出品され、現在のオーナーに売却されたという履歴を持つ。

ポロ・ストリコの立ち上がってから、クラシック・ランボルギーニが急激に上がった(C)2021 Courtesy of RM Auctions

●クラシックランボの青田買い候補ナンバーワン

 ランボルギーニのクラッシック部門であるポロ・ストリコによれば、ランボルギーニのクラッシック・モデルは、どれも数年前からその価値は上昇の一途。「ミウラ」や「カウンタック」ほどの勢いはないものの、オークション・シーンなどでは確実にその落札価格は上がっているという。

 それは、ポロ・ストリコによって独自にクラシックランボルギーニが管理され、再製造されたパーツを使用してレストアされるようになった点が大きい。ランボルギーニからポロ・ストリコの認定を受けることで、新たな価値が創造されてきたからにほかならない。

 ちなみにそのひとつの指標となるHAGI LPS(Lamborghini Polo Sorico)指数によれば、ランボルギーニのクラッシックモデルは、2000年から2017年までの段階で、すでに10倍に達していることが確認できているという。

 今回のランボルギーニ400GT 2+2は、25万〜30万ユーロ(邦貨換算約3400万円〜4100万円)という予想落札価格が提示されていた。結果は28万6250ユーロ(邦貨換算約3900万円)という比較的高値での落札。

 いまはまだ、見た目にも派手なミウラやカウンタックに人気が集中しているが、ランボルギーニの起源といえる350GT/400GT系がコレクターズアイテムとしてさらに再評価される日が訪れる可能性は高い。今後のオークションマーケット動向に要注目である。