かつてマツダはロータリーエンジン搭載車を販売していましたが、バイクではスズキが市販モデルを生産していました。

日本にはロータリーエンジンを搭載したバイクがあった!

「技術の粋を結集」という言葉があるが、1974年に衝撃のデビューを果すスズキ「RE-5」を表すのにこれほど的確な言葉はない。なんと国内バイクでは初となるロータリーエンジンを搭載していたのである。

 ロータリーエンジンは、ドイツのNSU社とヴァンケル研究所が1957年に共同開発・実用化したエンジンで、ピストンが上下するレシプロエンジンとは違い、三角形のローターが回転することで出力するという全く新しいユニットであった。

 レシプロエンジンより軽量で遥かに効率がいいロータリーエンジンは次世代を牽引する夢のエンジンと称され、世界中の二輪・四輪メーカーがライセンス契約を結び商品開発をおこなうが、ロータリーエンジンは、ローター先端部のアペックスシール部の扱いが非常に難しく、ほとんどのメーカーが市販量産化を断念。

 そんな中、1967年に世界初で量産四輪にロータリーエンジンを搭載したのがマツダ「コスモスポーツ」だった。その後、ロータリーエンジンのクルマといえばマツダといわれるようになったのは周知のとおりである。

●クルマはマツダ、バイクはスズキ

 一方、バイクでは1972年にドイツのハーキュレス社が発売した「W2000」が世界初のロータリーエンジン搭載車となったが、ごく少数の生産で終わっている。

 そして、1973年の東京モーターショーで発表されたRE-5は、翌年に日本初のロータリーマシンとして発売されたのである。

 ちなみにホンダ、ヤマハ、カワサキの各メーカーもロータリーエンジンを搭載したマシン開発をおこなっていたが、結果的に断念している。

スズキだけがなし得たロータリーエンジン市販モデルのデザイナーは?

 RE-5に搭載されたのは497ccのシングルローターエンジンで62psを発揮。ロータリーエンジンの弱点である高い発熱量に対してはエンジンハウジングを水冷、ローター内を油冷という水油冷式と巨大ラジエーターの装備で解決した。

 また量産車として整備性を確保するため、ロータリーユニット単体を取り出せる構造にした点も見逃せない。

497㏄のバンケル型シングルローターエンジンを搭載。吸気ポートは、パワー特性に優れるペリフェラルポートを低速用と高速用に分けて用意している

●ジウジアーロがデザインを担当

 また、RE5を語る上で外せないポイントが外観上にもあった。デザインはイタリアの世界的デザイナーであるジウジアーロが担当。いかにもジウジアーロらしい近未来的なデザインが各所に見られる。

 とくに特徴的なのがヘッドライト上に載せられた円柱型のメーターである。そのカタチから通称「茶筒」と呼ばれるメーターはライダー側が半透明カバーになっていて、キーオンとともに上部にパカッと開くというギミックが採用されている。

 メーター内部には速度計・回転計・水温計や6連灯火類インジケーターや照明によって数字が点灯表記されるギアポジションインジケーターが収められる。また、リアテールランプもメーター同様の茶筒型を採用していた。

 フロントにはダブルディスブレーキが備えられ、走りの性能へのこだわりが垣間見える。1975年のマイナーチェンジでは茶筒メーターとテールランプは廃され、一般的なデザインとなっている。

 夢のエンジンを搭載したRE-5であったが、ロータリー特有の燃費の悪さが災いし、また高額だったこともあって6000台ほどのセールスに留まり、現在まで国産唯一となったロータリーエンジン搭載マシンとなった。

 ちなみにロータリーエンジンの排気量は実際の排気量×1.5倍で計算するため、497ccのRE-5は746cc扱いで国内のナナハン規制内に収まっている。輸出用マシンではあったが、この設定は国内販売を見越してだったと思われる。