先ごろ発表されたニューモデル「サクラ」は、「リーフ」、「アリア」につづく日産自動車“第3の量産EV(電気自動車)”。そのプロトタイプをテストコースで試乗してきました。軽自動車とは思えない走りのよさと上質な内外装デザインは必見です。

トルクは2リッター自然吸気エンジンに匹敵

 日産が先ごろ発表したニューモデル「サクラ」は、いま、実質200万円以下で買える最強のシティコミューターだ。ちょっと動かしただけでそう思わずにはいられないほど、強いインパクトを秘めている。

 サクラの特徴はなんといってもEV(電気自動車)であることだが、走らせたときの質感とポテンシャルの高さは軽自動車の概念を打ち破る。その理由は、とにもかくにも心地よくドライブできるため。軽自動車枠に収まる小さなボディサイズゆえ狭い路地でも運転しやすい上に、アクセルペダルを踏んだ瞬間からシャープかつスムーズにスピードが乗っていくEVならではの加速フィールにより、エンジン車とは一線を画す世界観を味わわせてくれる。

 なかでも、振動の少なさと静粛性の高さはモーター駆動車ならではのもので、この上質な走りを一度味わってしまうと、エンジンで走るフツーの軽自動車には戻れなくなりそう。それほどサクラの走りは洗練されている。

 街乗りグルマ=シティコミューターというと、利便性重視のモデルであり、乗り味など二の次と思われがちだ。しかしクルマ好きとしては、単に便利なだけでなく、運転して楽しいモデルを選びたいと思うのは当然のこと。その視点から見ても、サクラはショッピングリストの一番上位に来るはずだ。

●気づけば想像以上に速度が乗っている

 そんなサクラの美点としてまず声高にいっておきたいのは、加速が力強いということだ。195Nmという最大トルクは2リッター自然吸気ガソリンエンジンに相当するもので、ターボエンジンを搭載する軽自動車の約2倍。車重が1トン強のサクラには十分以上の動力性能だ。

 実際にドライブしてみると、加速Gの急激な立ち上がりこそないものの、なめらかに加速し、気づけば想像以上に速度が乗る。そんな特性は、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りにとてもよくマッチしている。

 加えて、サクラは段差を乗り越えた際の路面からの衝撃のいなし方や、コーナリング中のハンドリングの落ち着きぶりもお見事。乗員に伝わる衝撃が明確に小さいから、ひとつどころか、ふたつも3つもクラスが上のクルマに乗っているかのように快適だ。

最大トルクは2リッター自然吸気ガソリンエンジンのそれに相当。ターボエンジンを搭載する軽自動車の約2倍で、力強い加速を披露する

 そんな乗り味を生み出せた一番の要因は、しっかりとした車体にある。走行用のバッテリーを搭載するにあたり、サクラのボディにはガッチリとした補強が入れられた。フロントシート下やBピラーの下、そしてリアシートの足元あたりに、シャシの左右を結ぶ極太のブレースが追加されるなど車体剛性を高めている。

 また、ステアリング操作に対する応答性に優れ、背が高いクルマとは思えないほどスムーズにターンインできる理由は、フロア下にバッテリーを積んだことで重心が下がったことと、クルマの後部が重くなったことで前後重量配分が最適化され、曲がりやすい車両特性になったことが大きい。あまりに曲がりやすいため、高速域ではパワーステアリングの切り始めが重くなるようにセッティングを見直したというほどだ。

 実質200万円以下で買えるモデルで、乗り心地まで含めてこれほど動的質感の高いクルマは、サクラの兄弟車である三菱「eKクロスEV」を除くと、ほかではちょっと見当たらない。

街乗りグルマに欠かせない実用性も上々

 走り味のよさから、シティコミューターやセカンドカーとしておすすめのサクラだが、街乗り重視となると気になるのは使い勝手だろう。サクラはこの点においても優秀だ。

インテリアもデイズとは異なるデザイン。ダッシュボードやドアトリムまで専用意匠となる

 サクラのベースモデルは日産の軽自動車「デイズ」だが、EV化にともなうサスペンション変更で荷室のフロア下スペースが狭くなったことを除けば、キャビンのサイズはデイズから変わっていない。そのためフルサイズセダンに匹敵する、ゆったりとしたリアシートなど、デイズで好評のポイントが継承されている。

 一方、デザインはエクステリアだけでなくインテリアも、デイズとは異なるサクラ専用の仕立て。ダッシュボードやドアトリムまで専用デザインなのだから恐れ入る。

 なかでも、随所にファブリックをあしらって上質感を高めているあたりは、サクラにかける日産自動車の意気込みが伝わってくる。

●補助金を踏まえるとさらに際立つハイコスパ

 昨今のEVは、航続距離が400kmを超えるモデルも珍しくない。それを考えると、1充電あたりの航続可能距離が最長180kmというサクラは物足りないと感じる人も多いだろう。

 しかし、それには大きな理由がある。サクラは想定される使い方を街乗りに特化することで、航続距離をむやみに伸ばさず、そのぶん、バッテリーの搭載量を少なくして価格を引き下げているのだ。

 200Vの普通充電の場合、バッテリー残量警告灯が点いた状態から満充電まで要する時間は約8時間。もちろん急速充電にも対応するが、大型バッテリーを搭載するEVほど充電速度が速くないため、オーナーは自宅に充電設備がある、または設置できる人が前提と考えるのがいいだろう。

右のリアフェンダーには、CHAdeMO規格の急速充電ポートと200Vの普通充電ポートを上下にレイアウト

 そんなサクラには3つのグレードが用意されるが、いずれもバッテリー搭載量を含むパワートレインは共通。それぞれの差は装備レベルの違いとなる。価格は233万3100円から294万300円だ。

 そのプライスタグにもかかわらず“実質200万円以下で買える”と紹介したのは、購入の際にEV普及のために国が用意した補助金(55万円)を受けられるため。さらに、居住する自治体から補助を受けられるケースもあり、たとえば東京都の場合、45万円(さらに市区町村の補助金が追加されることもある)の補助を受けられるため、実質価格はベーシックグレードで150万円以下となるケースも。こうなるとコスパの面でもサクラの優位性は揺るがない。

* * *

 いま、セカンドカーに最高の街乗りグルマを探しているのであれば、サクラが最適解であることに疑いの余地はない。軽自動車ながら走り、デザインともに軽自動車の概念を超えた上質さこそが、サクラ最大の魅力といえるだろう。

●Nissan Sakura G
日産 サクラ G
・車両価格(消費税込):294万300円
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1655mm
・ホイールベース:2495mm
・車両重量:1080kg
・駆動方式:前輪駆動
・電気モーター:交流同期電動機
・定格出力:20kW
・最高出力:47kW(64ps)/2302〜10455rpm
・最大トルク:195Nm/0-2302rpm
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・総電力量:20kWh
・交流電力量消費率(WLTC):124Wh/km
・1充電走行距離(WLTC):180km
・サスペンション:(前)ストラット式、(後)3リンク式
・ブレーキ:(前)ディスク、(後)ドラム
・タイヤ:(前)155/65R14、(後)155/65R14