4基のモーターとF1ゆずりの1.6リッターエンジンを搭載したメルセデスAMGのハイパーカー「ワン」の市販バージョンが公開されました。2022年6月23日から始まるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで走行するそうです。

限定275台はすでに完売

 独メルセデス・ベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは2022年6月1日、メルセデスAMG「ONE(ワン)」の市販バージョンを世界初公開しました。

 メルセデスAMG「ワン」は、2017年のIAA(フランクフルト・モーターショー)でコンセプトモデル「メルセデスAMG プロジェクト ワン(Mercedes-AMG Project One)」として世界初公開された、メルセデス初となるハイパーカーです。同年10月には、第45回東京モーターショーにも出展されています。

 メルセデスAMGの創業50周年を記念して企画されたモデルで、ブランド55周年となる2022年に登場しました。

 メルセデスAMGの最新F1技術を投入。エンジンはF1マシンゆずりの1.6リッターV型6気筒ターボを搭載。1万1000rpmまで回る高回転型エンジンは最高出力574ps以上を発生。

 さらにフロントに2基、リアに2基と計4基のモーターを搭載し、4輪を駆動します。モーター出力と合わせると、ワンのシステム全体の最高出力は782kW(1063ps)にも達します。フロントモーターは左右それぞれに駆動力を配分することで、高いコーナリング性能を誇るといいます。組み合わされるトランスミッションは7速AMTです。

 ボディサイズは全長4756×全幅2010×全高1261mm、ホイールベースは2720mmで、車両重量は1695kgと軽量です。

 これにより、最高速度は352km/h、0−100km/h加速は2.9秒、0−200km/h加速は7.0秒という驚異的なパフォーマンスを発揮します。

 さらに800Vという高電圧の「EQ Power+」システムを搭載するプラグインハイブリッド(PHEV)で、電気のみで18.1km走行することが可能です。

 メルセデスAMG車の取締役会会長、フィリップ・シーメル氏は「メルセデスAMGワンで、われわれは限界を超えることができました。現代のF1パワートレインを日常的な道路走行に適合させるという技術的挑戦は、間違いなくわれわれの限界に挑戦することになったのです。開発中、多くの人が、このプロジェクトの実現は不可能だと考えたかもしれません。しかしわれわれは決してあきらめず、自分を信じて取り組みました。

 このようなハイパーカーをつくり上げるのはユニークで困難なことです。これはメルセデスAMGが技術的な観点からだけでなく、顧客との密接な交流という点でも当てはまります。そしていま、すべてのハードルを超え登場するメルセデスAMGワンに期待してください」とコメントしています。

※ ※ ※
 
 メルセデスAMGワンの車両価格は272万ドル(約4億5100万円)で、生産台数は限定275台。すでに完売しているといいます。