レクサスのフラッグシップSUV「LX」が先ごろフルモデルチェンジ。従来モデルはトヨタ「ランドクルーザー」を“レクサステイスト”にアレンジしたモデルとの評価がありましたが、新型はランクルに対し、デザインも中身も明確に差別化。レクサスSUVの旗艦にふさわしい個性を手に入れています。

見た目からしてランクルとは差別化

 レクサスの旗艦SUV「LX」が、フルモデルチェンジして新型へと生まれ変わった。日本市場向けは2世代目となるが、グローバル仕様をカウントすると、今回で4世代目となる。

 もしいま「目の前にあるラグジュアリーSUVのなかから1台だけを選んで目的地へ向かえ」という指令を出されたとする。そしてそのルートが極悪路、かつクルマが止まってしまったら命を失いかねないという状況であれば、筆者は間違いなくLXを選ぶ。

 その理由は、悪路走破性、信頼性、そして耐久性において、もっとも頼れるラグジュアリーSUVだからだ。快適に移動できるモデルは数あれど、クルマが立ち止まってしまえば即、死につながるような極限地帯でも信用できるラグジュアリーSUVは数少ない。その筆頭として挙げられるのが、このLXなのだ。

 LXがそれほどまでに信用できる要因は、トヨタ「ランドクルーザー」をベースとするモデルだから。世界には、ランクルでなければ走ることのできない極悪路があり、道なき道を確実に前へと進んでいける走行性能と“壊れない性能”をかけ合わせたサバイバル能力において、ランクルは他の追従を許さない。そんな優れた基本性能が、レクサスのLXにも受け継がれているのだ。

 新設計されたラダーフレームや3.5リッターのV6ターボエンジンなど、新型LXのメカニズムは先だってフルモデルチェンジを果たしたランクルに準じるもの。エンジンのダウンサイジングや、ボンネット、ルーフ、ドアパネルのアルミ化などによる大幅な軽量化、さらに、低重心化や前後重量配分の最適化など、ランクルでの進化が新型LXにも盛り込まれている。

 気になる悪路走破性は、登坂能力45度、最大渡河性能700mmという性能を先代モデルから継承。また、車体が45度傾いてもオイルがしっかりとエンジンに供給されるよう設計された潤滑システムなど、並のクルマでは見られない設計基準も盛り込まれる。

 そんな新型LXに触れての第一印象は「ランクルとはずいぶん違うな」というものだった。世間一般の認識は“LXはランクルのレクサス版”というものだろうが、新型はボディパネルのデザインからして、ランクルとはひと味違っている。

 先代モデルはフロントマスクとリアコンビネーションランプの周辺こそ専用デザインが与えられていたが、ボディパネル自体はランクルと共用だった。しかし新型は、リアクォーターパネルやサイドウインドウ、ピラーの形状が異なっている。また、リアウインドウもLXの方が寝ているが、これは「ランクルは実用性重視、LXは優雅さ重視」という方向性の違いを具現したものだ。

 このように、基本設計こそ共通する部分が多いものの、新しいLXとランクルは多くの部分がつくりわけられている。これはLXにとって歴代初の試みであり、新型LXが新たなステージへと入ったことをうかがわせるポイントだ。

エグゼクティブ仕様はSUVの姿をしたリムジン

 一方、新型LXのインテリアは、ダッシュボードのデザインからしてランクルとは異なる。ランクルのそれが無骨さを強調したデザインなのに対し、LXは優雅さを漂わせる意匠で、レザーの仕立ての上質さなどもラグジュアリーセダンにひけをととらない。

エグゼクティブのコックピット。新型LXのインテリアは、ダッシュボードのデザインからしてランクルとは異なる。LXの方は優雅さを漂わせる意匠だ

 なかでも注目は、「エグゼクティブ」グレードに採用されている、左右2座が独立したリアシートだろう。エグゼクティブは2列シートの4人乗りで、リアシートの背もたれが左右席ともにそれぞれ最大48度リクライニングし、座面の角度調整機能やオットマンも搭載。しかも、すべて電動で調整できる。

また、助手席を前方へスライドさせることができ、その後方には最長1mのレッグスペースが出現。加えて、ヒーターやベンチレーション、疲れをいやすマッサージ機能まで組み込まれる。

 この特別なリアシートを見てもわかるように、エグゼクティブはドライバーに運転をまかせ、オーナーはリアシートに座って快適に移動するためのショーファードリブン的な位置づけ。SUVの姿をしたリムジンといっても過言ではない。

 ちなみに新型LXは、フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスの厚さを5.76mmに設定。これはフラッグシップサルーンの「LS」を凌駕するもので、レクサス車のなかで最厚を誇る。このように新型LXは、静粛性も徹底追求しているのだ。

少しペースを上げて走ってもストレスフリー

 同じLXでありながら、エグゼクティブとは真逆の立ち位置にあるのが「オフロード」グレードだ。

オフロードのサスペンションには、ガスと油圧を併用した車高調整機能を搭載。悪路では車高を上げて走破性をアップさせられる

 悪路走破性を高めるべくタイヤ&ホイール径を18インチ(エグゼクティブは22インチ)とした上で、フロントとリアにデフロックを追加(他グレードではオプションでも装着できない)。エグゼクティブが快適性を重視する一方、オフロードはランクルの血を受け継ぐ、悪路を走るためのモデルに仕上がっている。

 ただし、オフロードのサスペンションには、ガスと油圧を併用した車高調整機能が備えられ、ランクルとは異なる仕立てとなる。その結果、オンロードでは車高を下げて重心を低くし、走行安定性を向上。一方の悪路では、車高を上げて走破性を高められる。

 ちなみにこのサスペンションには、バネレート(バネの硬さ)を切り替える仕掛けも搭載されている。走行シーンに合わせて随時、変化させることで、車両の姿勢を最適化している。

 そんなサスペンションの違いもあってか、LXオフロードの乗り味はランクルとはひと味違うものだった。オンロード走行時もオフローダーであることを実感させる動きが出るランクルに対し、新型LXのオフロードは走行モードを「SPORTS S+」にしておけばしっかり感が増し、舗装路での走行安定性が高まる。先代モデルやランクルは、高速巡行時も速度を上げず、速度をキープしながら淡々と走るのが似合うクルマだが、新型LXは少しペースを上げて走ってもストレスを感じない。

* * *

 エンジンが8気筒から6気筒になり、排気量も5.7リッターから3.5リッターへとスケールダウンしたことを心配する人がいるかもしれない。しかし、ターボチャージャーの助けを借りた新型LXのエンジンは、最高出力も最大トルクも従来モデルを凌駕しているなど心配は無用だ。

 低回転域でのトルクが太く、大排気量の自然吸気エンジンに近い走り味を示す新型LX。その上、燃費も従来モデルより向上しているのだから、エンジンをスイッチしたレクサスの判断は正しかったといえるだろう。

●Lexus LX600 Executive
レクサス LX600 エグゼクティブ
・車両価格(消費税込):1800万円
・全長:5100mm
・全幅:1990mm
・全高:1895mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:2600kg
・エンジン形式:V型6気筒DOHC+ターボ
・排気量:3444cc
・駆動方式:4WD
・最高出力:415ps/5200rpm
・最大トルク:650Nm/2000〜3600rpm
・燃料消費率(WLTC):8.0km/L
・サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン式、(後)トレーリングリンク式
・ブレーキ:(前)ベンチレーテッド・ディスク、(後)ベンチレーテッド・ディスク
・タイヤ:(前)265/50R22、(後)265/50R22

●Lexus LX600 Offroad
レクサス LX600 オフロード(7人乗り)
・車両価格(消費税込):1290万円
・全長:5100mm
・全幅:1990mm
・全高:1885mm
・ホイールベース:2850mm
・車両重量:2580kg
・エンジン形式:V型6気筒DOHC+ターボ
・排気量:3444cc
・駆動方式:4WD
・最高出力:415ps/5200rpm
・最大トルク:650Nm/2000〜3600rpm
・燃料消費率(WLTC):8.1km/L
・サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン式、(後)トレーリングリンク式
・ブレーキ:(前)ベンチレーテッド・ディスク、(後)ベンチレーテッド・ディスク
・タイヤ:(前)265/65R18、(後)265/65R18