マセラティのスーパーカー「MC20」にオープントップモデル「MC20チェロ」が追加されました。チェロ(Cielo)とはイタリア語で「空」を意味しています。デリバリー開始は2023年初頭を予定しています。

「Cielo(チェロ)」とはイタリア語で「空」の意味

 伊マセラティは2022年5月25日、「MC20チェロ(MC20 Cielo)」を世界初公開しました。

 MC20は2020年に登場したマセラティのスーパーカーで、MCはMaserati Corse(マセラティ・レーシングの意味)、20はブランドの新時代がはじまった2020年を意味する車名です。

 今回登場したMC20チェロは、MC20をベースにしたオープンモデル。格納式ガラスルーフを採用することで、スポーティさとラグジュアリーの究極の組み合わせを実現しているといいます。

 車名のチェロ(Cielo)は、イタリア語で「空」を意味する単語で、マセラティの大胆さと無限の空を表しています。

 MC20チェロのガラスルーフにはポリマー分散液晶(PDLC)技術が採用されています。これは運転席中央にあるボタンを押すだけで、透明から不透明に瞬時に変換できるスマートガラスウインドウです。これによりガラスルーフは断熱性も保たれ、ルーフが透明な場合の室内の明るさは独特なものになるといいます。

 ガラスルーフの開閉速度は12秒とクラストップレベルとなります。

 ボディサイズは全長4669mm×全幅1965mm×全高1218mm、ホイールベース2700mmで、車両重量は1540kgと、クーペモデルよりもわずか65kg重いだけです。

 搭載されるエンジンはクーペモデルと同様、「ネットゥーノ(Nettuno)」と呼ばれるマセラティ100%自社製のエンジンで、3リッターV型6気筒ツインターボは最高出力630ps・最大トルク730Nmを発生。組み合わされるトランスミッションは8速DCTで、これらにより0−100㎞/h加速は3.0秒、最高速度は320㎞/hというパフォーマンスを発揮します。

 同時にMC20チェロには、さまざまアクティブ・セーフティシステムが搭載されています。2022年モデルからMC20に装備されたパーキングセンサー、リアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、新型スパイダーには自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度カメラが装備されます。

 マセラティ・イノベーション・ラボで開発され、ヴィアーレ・チーロ・メノッティ工場で生産される新型スパイダー、MC20チェロは、クーペタイプと同様に100%メイド・イン・イタリーとなります。

 日本での価格は3385万円(消費税込)を予定しており、すでにオーダー受付を開始しています。デリバリーの開始は2023年初頭を予定しています。