全長5.4mのフルサイズSUVとして、アメリカでは大人気のキャデラック「エスカレード」に、高性能モデルのVシリーズ「エスカレードV」が登場しました。

6.2リッターV8エンジン搭載の「最強エスカレード」

 米国GMのブランド、キャデラックは、フルサイズSUV「エスカレード(Escalade)」に初のVシリーズ「エスカレードV」を追加しました。

 Vシリーズとは、キャデラックレーシングの血統を受け継いだハイパフォーマンスモデルです。2004年にEセグメントセダンの初代「CTS」に追加された「CTS-V」としてはじめて登場。現在、Vシリーズは第4世代となり、米国ではセダンの「CT4」「CT5」をベースとする「CT4-V」や「CT5-V」が存在しています。

 今回登場したエスカレードVは、キャデラックVシリーズ初のSUVです。

 全長5382mm×全幅2059mm×全高1948mm、ホイールベースは3071mmというフルサイズSUVであるエスカレードをベースに、最高出力682馬力・最大トルク885Nmを発生する6.2リッターV型8気筒エンジン+スーパーチャージャーを搭載。

 このエンジンは「CT5-Vブラックウイング」に搭載されるV8エンジンをベースにしていますが、より大きなスーパーチャージャーを備えているのが特徴です。

 組み合わされるトランスミッションは10速ATで、駆動方式はフルタイム4WDとなります。これにより、0-60mph(0-96km/h)加速は4.4秒未満というパフォーマンスを発揮します。

 エスカレードV専用の「マグネティックライドコントロール4.0」、「エアライドアダプティブサスペンション」が標準装備されます。エスカレードの優れた乗り心地を犠牲にすることなく、Vシリーズらしい正確なドライブフィールを実現しているといいます。

 エスカレードVは2022年夏に発売される予定です。米国での車両価格は14万9990ドル(日本円で約2020万円)です。

 なお、エスカレードVの日本での展開は未定です。