いまや焚き火は、ひとつの趣味として認識されるほど人気のアウトドア・アクティビティ。そんななか、緑豊かな福島・裏磐梯の高原リゾートに、ホテルに滞在して快適な時間を過ごしながら、大自然のなかで焚き火を満喫できる欲張りなプランが誕生しました。

アウトドアとホテルの魅力をいいとこ取り

 裏磐梯グランデコ東急ホテルが、アウトドアとリゾートホテルステイを組み合わせた「TAKIBI×RESORT 星空と焚火で大自然に触れる1泊2食付プラン」を発表。予約受付がスタートしました。

 今回登場した最新プランについて、総支配人の中島さんは次のように話します。

「福島・磐梯朝日国立公園内にある当ホテルは、正面に磐梯山を臨み、大自然のなかにたたずむホテルです。快適なホテルステイを堪能いただきながら、大自然の魅力を感じられるアウトドア体験も気軽に楽しんでいただきたいとの思いから、今回のプランが誕生しました。

 美しいトワイライトタイムから焚き火を囲み、グラスを傾ける頃には“裏磐梯で一番星空に近い宿”である当ホテルから、満天の星空をお楽しみいただけます」

 当プランは1日3組限定のため、広々としたアウトドア空間でプライベートな時間を満喫できます。さらに、より優雅なひとときを過ごせるよう、6種類のなかから選べるアウトドアチェアも用意。お気に入りのイスに腰かけ、ゆったりと流れる贅沢な焚き火タイムを満喫できます。

●高原リゾートホテルで過ごす優雅なひととき

 客室は、裏磐梯の自然が持つ静かなる癒やしの力をテーマにした“森のフロアスタンダードツインルーム”などから、好みやニーズに合わせて選ぶことができます。

客室は、裏磐梯の自然が持つ静かなる癒やしの力をテーマにした“森のフロアスタンダードツインルーム”などから、好みやニーズに合わせて選択可能

 食事は、ホテル付随のレストランで提供。夕食は会席コースまたはフレンチフルコースからセレクトでき、朝食は和洋のブッフェスタイルで提供されます。

 焚き火の前後には、“デコ平温泉”の源泉を有するホテル内の温泉大浴場と露天風呂でリラックスすることをおすすめ。サウナも併設されるほか、裏磐梯エリアのホテルで唯一のプールも楽しめます。

 ホテル滞在なので、小さな子ども連れやアウトドアが苦手という人も気兼ねなく焚き火楽しめる当プラン。広い空とすがすがしい空気、大自然に囲まれた雄大なロケーションでのリゾートホテルステイ+焚き火は、まさに理想的なプランといえるでしょう。

●施設概要
・施設名:裏磐梯グランデコ東急ホテル
・客室:103室
・付帯施設:レストラン3店舗、多目的ルーム、温泉大浴場・露天風呂、室内プール、リラクゼーションルーム、売店ほか

・プラン名:TAKIBI×RESORT 星空と焚火で大自然に触れる1泊2食付
・提供期間:2022年11月20日(日)まで
・焚き火スペース利用可能時間:9〜22時
・宿泊料金/2名1室(消費税込):2万750円〜(1泊2食/1名)